FC2ブログ
Top Page › Crossing Lines › Crossing Lines S2-#4 「見えない脅迫者」

2014 · 10 · 15 (Wed) 20:09

Crossing Lines S2-#4 「見えない脅迫者」

AXNでS1の始まったCrossing Linesですが
ミステリーの方でS2を楽しませてもらっています。

S2の1話目、クリフハンガーの続きはルイが痛々しかったけど
チームの見事な団結力に救われ無事生還。
そしてアンヌ・マリー亡き後、アナベラがチームに加わりました。
2話目はNYでの事件。
せっかくヨーロッパ特別捜査チームなのに
アメリカで捜査してたらつまらない!とやや不満だったら
すぐにまたヨーロッパに戻ってきてくれてほっとしました。
3話目はパリ、そして4話目はベルリンが舞台です。

ベルリンならばセバスチャンがメインになってくるのですが
その前にセバスチャンはミヘルに睨まれています。
セバスチャンのギャンブル依存症が表沙汰になり
多額の借金を抱えていたのを、一度に返済したのが怪しまれているからです。
ミヘルはICCの内部調査を行うと怒ってましたが
ギャンブル依存症の刑事がここにもいましたか・・・とロリンズを思い出してしまいました。
刑事の仕事はストレスも多いし、何かに依存したくなる気持ちも理解できないわけではないし
別名オタクなテク担当だから、機械とのにらめっこも相当辛いだろうし・・・
でも依存しちゃまずいよね。
とミヘルはあれこれさぐるんですが、またしてもお見事なチームワークに阻まれます。
みんな自分が代わりに返済したっていって譲らないんですから。

事件の方は若者の自殺が相次ぎ
彼らはその前に脅迫メールを受け取っていて
これは自殺とは言えないのではという捜査でした。
ドイツでは自殺は有罪ではないのでなかなか捜査が難しかったのですが
オタクのセバスチャンがメールの流れを突き止め
中継地点や出発点を割り出します。

そしてベルリンといえばGSG-9のぺトラ姐さん!!
ここではキャスリンという名前で警部に出世しちゃったようですが
姐さんは不滅ですよ。
S1に続いての登場、嬉しかったです。
さらにキャスリンはセバスチャンの元恋人だったのですが
彼女の息子の父親がセバスチャンであることが判明。
セバスチャンはいつの間にかお父さんになってました。
セバスチャンはいつか息子に知識の伝授をしたいようですが
キャスリンは家にPCもないようで、
オタクの生活がよっぽど堪えたのか
でもセバスチャンの提案は受け入れてました。

それにしてもぺトラ姐さん。
コニーとひっそり付き合っていたのがバレた時もものすごい衝撃だったけど
ここでも密かに・・・
というのが得意なんですかね(笑)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2014-10-22

Comments







非公開コメント

ペトラ姐さんは2度目の出陣だったのですね。雰囲気は変わってませんでしたね。
シーズン1でなぜか第4話(ペトラ姐さん出演回)を見過ごしていたので知りませんでした。
AXNでシーズン1を追っかけ放送しているので、見ようと思います。
2014-10-16-08:50
Knut [ 返信 * 編集 ]

S1の姐さん登場で感激したんですが、S2で復活を遂げてくれてさらに感動でした。
見た目や雰囲気は変わらないけど、母という設定なので(しかもセバスチャンの息子だったとは!)多少人間が丸くなったかな?
ぺトラ姐さん時代は本当に怖かったんだもん(苦笑)
これを機にベルリンでの事件ではGSG-9のほかのメンバーも出してもらいたいです!
墓場からコニーが復活しても全然構わないし!

S1の姐さんも是非ご覧になってくださいね♪
2014-10-16-20:17
Garoto [ 返信 * 編集 ]

シーズン2がなぜだかお休み中(?)にシーズン1の#4ペトラ姐さん初登板編をやっと観ました ^^
なんと、ペトラ姐さんだけでなく、コブラ11のヤン・リヒターのおまけ付きだったのですね。
ヤン・リヒターというよりスピードレーサーのスネークというほうがいいのかなぁ。
コブラ11といえば、今シーズンからゼミルのパートナーが交代し、なんと、アレックス・ブラントなんだそうです。。。。
2014-11-02-18:14
Knut [ 返信 * 編集 ]

そういえばS1にはヤンも出てました!ゴージャスなキャスティングでしたね。
そしてコブラ11、いつまで続くんだ?
ゼミルのお元気ぶりに恐れ入りますが、日本で全然オンエアしてくれなくなってしまったので全く見ていない・・・
あの過激な追いかけっこ(笑)は見ていて気分爽快なんですけど。
2014-11-03-10:56
Garoto [ 返信 * 編集 ]