FC2ブログ

Brideshead Revisited #6 「Julia」

セバスチャンは姿をくらましてしまったし
チャールズもパリにレックスが現れて、二人で食事をするシーンと
ラストシーンしか出てこなくて欲求不満なエピソード。
原作もそうだから仕方ないんですが。

メインとなるのはジュリアとレックスの結婚話。
レックスって相当めちゃくちゃなオヤジで
ジュリアと結婚するためにカトリックに改宗しなければならないとわかると
神父に教わりながら必死でお勉強を始めるんですが、かなり打算的。
しかもコーデリアに適当に騙されてるし。
それでも努力の成果があり、結婚式の日取りも決まってお祝いが届いているところで
突如ブライズヘッドがこの結婚は中止を宣言。
レックスには結婚歴があったことが判明します。
レックスは離婚しているから問題ないと釈明しますが
カトリックは結婚した相手が生きてる限り、次の結婚はできないそうで。
すると今度はジュリアが怒り出し、プロテスタントで結婚すると宣言。
予定に反した地味婚で済ませてしまいました。

という話をチャールズがジュリアから船の上で聞いたというシーンで終わるんですが
この次の章が時が経ってからの船旅のシーンで
いよいよよろめきドラマのスタートです。
それも楽しみなんだけど、やっぱりセバスチャンが気がかりで・・・
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ