FC2ブログ

Law&Order SVU S16-#5 「Pornstar's Requiem」

18歳になったイヴィは実家を離れ、NYで大学生活を始める。だが学費が必要なためモデルの仕事を探し、ニューハンプシャーでオーディションを受けたら、ヌードモデルの仕事だとわかる。300ドルの契約の10倍払うと言われ、服を脱ぐと部屋に男性が二人入ってきた。イヴィはそのまま「18歳で解禁」というポルノビデオに出演し、映像はネット配信される。
ハドソン大の学生のダニエルとマットは、「18歳で解禁」を見ていて出演しているのが同じ寮生のイヴィだと気づく。二人はイヴィをパーティーに誘い出し、バスルームに連れ込んでレイプする。
翌朝、寮長がソファに座り込んでいるイヴィを見つけて尋ねると、パーティーでレイプされたと答えたのでSVUに連絡する。ロリンズが事情を聞くと、ダニエルがパーティーに誘いに来た。告訴する気はないと答える。そして大学入学の資金がないために、ポルノビデオに出演して稼いだことを打ち明けるが、両親には言わないでと頼む。一方ダニエルとマットは、イヴィとセックスしたことを認め、彼女は喜んでいたと向こうから誘ってきたと主張する。イヴィがダニエルがバスルームの様子を携帯のカメラで録画していたと伝え、ベンソンはバーバとも確認し、ポルノと暴力は無関係だとさらに捜査を進めることにする。
ダニエルとカールの弁護をブキャナンが担当する。ブキャナンはSVUに、イヴィの映像は何本もあるとUSBメモリを渡す。メモリ内には13本の複数による暴力的レイプ物の作品が入っており、バスルームでの映像はイヴィの証言の裏付けとなるが、これらの作品の撮り方と酷似していた。イヴィは最初の作品だけは本名で出ていたが、残りはロクサーヌという偽名を使っていた。
ドッズはベンソンを呼び、イヴィの他のポルノ作品を弁護士が見つけ出したことを指摘して、捜査の手順に文句をつける。そして大学や警察に恥をかかせるなと釘を刺す。 
ロリンズがイヴィに詳細を尋ねると、イヴィは有料サイトは誰も見ないと思ったと答えながら、撮影は合法的で報酬を得ていたし、誰も変な目で見なかったと説明する。
バーバは今回の問題点はダニエルの撮影した動画とポルノビデオが酷似していることだとしながら、ブキャナンが二人を弁護していることに触れ、弁護料を払っていないマットを落とす作戦に入る。
カリシはダニエルが先に取引している様子を外から見せ、ダニエルに有利に働いているように思わせる。実際にダニエルが無実だと話している様子に動揺したマットは、ダニエルの無罪を否定し、全てダニエルが考えたことで、イヴィは嫌がっていた。あれはレイプだと自白する。マットはブキャナンと離れ、イヴィ側の証人になることにする。
SVUはイヴィの両親に裁判に来て欲しいと頼むが、父は娘を許せないと言って無視し、母も病気の父親に付き添わなければならないためわからないと答える。イヴィは親がいなくても平気、自分に非はないと覚悟を決める。

法廷でバーバはイヴィにポルノ業界で働くことを決めた理由を尋ねると、イヴィは大学入学の資金が必要だったこと、撮影は合法的で台本に従い全て演技だが、ダニエルとは合意しておらず、実際に暴力を振るわれた。ポルノ業界で働いているから、暴力を受けていいものではないと答える。
続いてブキャナンはイヴィがなぜレイプ物に好んで出演しているかを問うと、イヴィは報酬が高いから。動画は拒絶しているし金は払われていないと答える。するとブキャナンは、拒絶していても報酬が払われていたら許されるのかと追求、陪審員にレイプと演技の区別がつくのかと迫ってくる。
続いてマットは、ダニエルがイヴィの了解を得ていたと思った。イヴィはずっと泣いて逃げていた。後でダニエルがレイプだと言っていたし、あれはレイプだったと証言する。するとブキャナンは最初の証言では合意の上だと言っていたのに、司法取引後レイプだと言い直したことを指摘してくるが、マットはレイプだったと言い切る。
最後にダニエルが、冤罪被害者のために証言台に立ったと説明、合意はマットが取ったと言った。拒絶したのにやめなかったのは演技だと思ったと証言する。するとバーバはポルノスターであろうと、セックスは拒否できる。止めてと言ったのにやめなかったのはレイプだと断言する。
ダニエルに第一級レイプ罪で有罪の判決が出される。そのときイヴィに、ハドソン大から行動規範の違反で退学という通知が届く。
ベンソンはハドソン大の学長に、レイプ被害者に退学を命じたとクレームする。学長はレイプ犯も結果次第で退学にするとしながらも、イヴィは過激なポルノに出演し、学生証もさらした。本校の行動規範に違反しており混乱を招くと説明する。ベンソンは別の方法もあるはずだと食い下がる。
法廷でブリッグス判事は、ダニエルに証拠不十分のため、陪審員の評決を無効にするとして無罪を言い渡す。評決無視判決となったことに、根拠がないとバーバは怒る。ドッズはベンソンが大学の方針を見直すようにと学長に詰め寄ったことを非難し、今後学長に近づくなと命じる。
イヴィの母が、イヴィと連絡が取れないとSVUに駆け込んでくる。寮のイヴィの部屋のドアには「淫乱」「売春婦」と書かれていた。部屋に残されたPCには「ポルノに出たから、大学でレイプされた。判事は私を信じず、レイプ犯は釈放された。私の選択肢は奪われた。残る道はただ一つ。さようなら。」とメッセージが残されていた。
イヴィはニューハンプシャーの撮影所で、ビデオの撮影中だった。ここでは嫌といえばやめてくれる。ロクサーヌがイヴィに戻れないとイヴィは答える。

学費を稼ぐためにポルノ映画に出演していた女子大生イヴィが
寮の仲間に知られてレイプされた事件。
イヴィは13本もの作品に出演はしていたもののすべて演技だし
いくら証拠映像が作品に酷似していたとはいえ
セックスは拒否したのに強要されたもので
容疑者の片方のマットがあれはレイプだったと自白。
陪審員もダニエルのレイプを認め有罪判決を出したのに・・・

大学の圧力が掛かってしまったんですかね。
ベンソンがクレームをつけに行ったのが問題だったのか
(学長がThe Guardianのローリーでした)
イヴィは風紀を乱したということで退学処分を言い渡されるし
判事が有罪判決を翻してダニエルは無罪で釈放されるし。
陪審員制度の意味がないじゃん!とバーバとともに怒りたくなりましが
裏で金でも動いてたんですかね。疑いたくなります。
イヴィはそれしか道はないと考え、ポルノ業界に戻ることを決意。
まあハドソン大に行かなくても、その気になれば勉強は出来るでしょう。
しかし有罪だと言われていたのに、無罪放免になるダニエルは、やっぱり許せないな。

カリシがレギュラー登録されましたね。よかった!
これからの活躍に期待します。
レギュラーが増えたから?今回はアマーロはお休みでした。
ところで本国では12月10日に9話目の放映の後
10話目は年明けになるんですよね。
こちらは5話目が終了。
年末も真面目に放映していたら、あっという間に追いついちゃうじゃないですか。
途中で一休みするのかな。
FOXCRIMEのHPではその気配がないので、正直心配になってきました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

オープニングにカリシが出ていたので、ほっとしました。
口髭もそって、ちゃら男からイケメンに変化?・笑
これからの活躍が楽しみです。
気が早そうなので、やらかしもあるかな~。

お話はもう、クソ中のクソでした。
判事が犯人の父親と、大学で同窓とか、
お金だけじゃなく、人脈も使ってあらゆる手で無罪にしたんですね。

こういう場合、判事は倫理委員会とかにはかけられないんでしょうか。
陪審員制度を真っ向から否定したんですもの、
それなりの制裁があっていいはずなのに。

検事や弁護士にはあっても、判事は見逃されるとしたら、
フェアじゃないです!

2014/12/01 (Mon) 21:30 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

カリシ、いい感じにレギュラー入りしてくれてよかったです。
目の保養になりそうだし、活躍も期待できますよね。

それより陪審員の評決を覆してしまう判事ってあり得ない!
陪審員制度の意味がないです。
でも裏取引で可能なのが現実なのかな。
ドッズも上からの圧力にビクビクしている感じが気に食わないし
もっと公正な裁きを見せて欲しい!
と問題点を突きつけてくるのもL&Oシリーズらしさではあるのですが。

2014/12/02 (Tue) 20:38 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ