FC2ブログ

Brideshead Revisited #8 「Brideshead Deserted」

イギリスに帰ってきたチャールズは
ブライズヘッドにマーチメインハウスを取り壊すことを聞き
建物を絵に描いて残すことにします。
これがチャールズが建築画家の道に進むきっかけとなります。

そして年月がたち、ようやくJeremyが年相応の役を演じることに。
髭面も貫禄があっていいけど、やはり無理やり?若作りの方がツヤツヤしてる感じが素敵だったかな。
チャールズはシーリアと結婚し、メキシコからラテンアメリカを旅します。
そして久々にNYでシーリアに会った時、すでに結婚生活は破綻しかけていました。
そのきっかけがジュリアがレックスとの結婚のごたごたを語っていた船旅につながってくるのですが・・・

船旅の様子は途中まで。
このゴージャスな旅の様子も、原作通りに描かれていて驚きました。
きちんと氷の白鳥まで再現されてましたからね。
ロケはクイーンエリザベス2を使用していたみたいだし。
とてもドラマとは思えない豪華さです。
船にジュリアが乗っていることをシーリアが知ってパーティーに招待。
チャールズは久しぶりにジュリアと顔を合わせ、言葉を交わします。
その後チャールズたちの船室で行われたパーティーに
ジュリアが来るのをチャールズは待っていましたが結局来ず。
その後嵐が来て船が揺れるようになり
シーリアは具合が悪くなって臥せってしまいます。
そこでチャールズはジュリアと会うことにするのですが・・・

ここで登場するチャールズの妻シーリア。
なんとJane Asherが演じていたんですね。
女優さんとしての演技を見た覚えがほとんどなかったんですが
Jane AsherってPeter Asherの妹で
Paul McCartneyの婚約者だった人じゃないですか。
それはもうよく存じ上げております(笑)
Paulとの2ショットとか、よく紹介されてたし。
そのJaneがずっと女優をしていて、現役で活躍中なんですね。
全然知らなかった!
次のエピソードにも出番があるので、じっくり見させていただきます。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ