FC2ブログ

Prisoners of War S1-#10 「テープ」

ようやくS1視聴を終了。
どこまでもひたすら重くて暗く
そしてあちこちでクリフハンガー状態。
これは早くS2を観なくては!
と思っていますがまだhuluではS2の配信が始まっていないようです。
いつから始まるんだろう。

ニムロッドが捕虜のときに入手した謎の電話番号。
アラブ系家族の娘からさらなる情報があると聞き
ニムロッドとウリは亡くなった特殊部隊の男の妻に会いに行きます。
妻は二人に封筒を渡しますが、中にはテープが入っていました。
車内で二人はおそるおそるテープを再生すると
テープは拷問の様子を録音したものです。
二人には再び悪夢が蘇りますが
何故このテープが存在するのか、謎が深まります。

イリスはウリを苦しめたくないと思い
ハイムの命令に従おうとしません。
でもハイムに強制され、ウリの家に行くとニムロッドから電話がかかってきて
イリスはその電話をこっそり盗聴し、二人が何者かに会うのを突き止めます。
ハイムに伝えるとハイムは尾行を指示。
イリスはウリにうまく行き先を聞き出して先回りしますが、二人は現れませんでした。
ウリの推理がお見事で、イリスの車が汚れていたのを覚えていて
ウリがリハビリに行ったときイリスの車が駐車場に止まっていたのを発見。
イリスがスパイだと気づいて、イリスに嘘の情報を教えたんですね。
イリスはウリにバレたことを知り、もう辞めると言って立ち去っていきます。

ニムロッドの息子は徴兵拒否をしていましたが
それは罪になります。
タリアは全く知らず、息子の友人からその話を聞いて驚き
息子を責めると息子がブチ切れます。
うちはもう十分戦争の犠牲になった!
息子が叫ぶとタリアは怒り
息子は家を飛び出し戻ってきません。
タリアはニムロッドに息子を捜すよう頼みますが
ニムロッドはウリと一緒に行くところがあるといって拒否。
タリアの怒りは爆発。
一人でせっせと息子の友人たちに電話して息子を探します。
その間娘はセラピストの息子とベッドに。
セックス依存症は全く治っていません。

ウリが家の中を整理していたら
フィルムが入りっぱなしのカメラが出てきました。
現像すると17年前ヌリットと撮った写真で
ウリはヌリットに見せに行きます。
二人はお互い愛し合っていることを確かめますが
ヌリットには辛い選択でした。
その後夫にわからないと伝えると、夫は密かに涙を流していました。

アミエルの墓碑が建てられ、除幕式に出るようイランはヤエルに声をかけますが
ヤエルは家から出ようとしません。
そしてその後でアミエルの幻影とともに墓碑を見に行き
アミエルは墓碑に満足すると、ヤエルに別れを告げます。
それからヤエルの前にアミエルの幻影は姿を見せなくなってしまいました。
アミエルの死を実感したヤエルは泣き崩れます。

ニムロッドとウリが帰ってきたことで
結局誰もが不幸になっている。
17年という年月が長すぎました。
実は捕虜になり解放された兵士たちはずいぶんいたんですね。
前エピでタリアが出ていたグループカウンセリングは
そういう兵士と家族たちのものでしたが
みんな苦しみを抱えています。
Homelandはいろいろな立場からドラマが進行し
事件もとどまることがありませんでしたが
何も事件が起こらなくても十分ドラマになっている
じっくりと考えさせられるドラマとしての
Prisoners of Warの作品の素晴らしさが
しっかりと伝わってきました。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ