INDEX    RSS    ADMIN

Brideshead Revisited 「情愛と友情」


情愛と友情 [DVD]情愛と友情 [DVD]
(2009/03/18)
マシュー・グード、ベン・ウィショー 他

商品詳細を見る


ついに映画版を視聴。
ドラマ版で12時間の作品を2時間にまとめているのだから
相当端折ってるのは覚悟の上でしたが
思いのほかコンパクトにまとまっていました。
オープニングで戦時中のブライズヘッドから一転して
いきなり船旅でチャールズがジュリアと出会うシーンに飛んだのは驚きましたが。

ドラマ版があまりにも原作に忠実すぎるので
映画化にあたり特色を出すのは苦労したと思います。
その点はメイキングでも語られていましたが
そこで目をつけたのがチャールズとセバスチャン、そしてジュリアの三角関係。
確かに物語を手っ取り早く進めるためにはいい方法かもしれません。
でも自分の読んだ&観てきた解釈だとやっぱり違うんだよね。

セバスチャンがゲイだとはっきり表されていて
それはドラマ版制作からも時が経っていて当然かなと思いますが
チャールズとセバスチャンがブライズヘッドで過ごした幸せな時の中での
一瞬だったけど交わされる二人のキスシーン。
あれはなくてもよかったのかも。
十分妄想の世界で楽しめるもん。
それだけあからさまに二人の関係が描かれているのに
なぜかチャールズの目はジュリアを追っているんだよね。
これが納得できなくて。
物語前半ではチャールズはたいしてジュリアに興味ないでしょ。
だから二股をかけ始めるチャールズがすごくずるい奴に思えてしまいました。

そしてベニスへの旅行なんですが
これがまたなぜかジュリアが一緒で3人の旅になり
せっかくのチャールズとセバスチャンの美しい2ショットのはずが台無しになってました。
完全にウザジュリア状態なのに
夜のカーニバルに紛れて(これも鳩ぽっぽにあったシーンだよね)
ジュリアとチャールズがキスしてしまいます。
それをセバスチャンが見てしまってショックを受け・・・

というありえない展開になってしまったため
セバスチャン気の毒すぎ。
だからますます酒に溺れるという流れにはたどり着きやすいけど。
そしてチャールズとジュリアは
ブライズヘッドの一族のもつカトリック観のおかげで当然すんなり行くはずはなく
そのうち甲羅にダイヤモンドが埋まってるカメが出てきて(原作通りだ)
ジュリアはレックスと結婚してしまいます。
ちなみにレックスの中の人は
デス妻でブリーに付きまとってた刑事さんでした。

ここまでで映画の半分以上過ぎてるので、あとはさらにハイスピード。
マーチメイン夫人に頼まれチャールズはセバスチャンを探しにモロッコに行きますが
そこでセバスチャンと同居しているクルトに出会い、セバスチャンの居場所を聞きます。
一瞬しか出てこないクルトですが、なんとCrossing Linesのセバスチャン(ややこしい)が演じてました。
ドラマ版では3人が一緒になるシーンがあるのに
こちらはセバスチャンとチャールズの2ショットで終了。残念でした。
ここからはさらにすっ飛ばして
船でジュリアと再会したチャールズは過去の呪縛があるわけでもなく
シーリアに気を遣うわけでもなくさっさとジュリアと寝てしまうし
そしてお互いの離婚に向けて行動開始。
するとマーチメイン卿が死を迎えるためにブライズヘッドに戻ってきて
あとはドラマ版通りです。
ラストの接収されたブライズヘッドでのしみじみ感は薄かったけど。

チャールズ、セバスチャン、ジュリアのキャスティングはよかったかな。
やっぱりドラマ版に叶わない気はするけど
チャールズとセバスチャンの2ショットは美しかったし
セバスチャンの魔性ぶりも堪能できました。
何より嬉しかったのがブライズヘッドが同じ場所だったこと。
ヨークシャーに建つハワード城でロケされてますが
同じ建物だとキャストが違っても同じドラマに感じられます。
このお城は他にも多々映画撮影に使われているようで
「高慢と偏見、そして殺人」もそうだったんだ!
(ついでにウィッカムがチャールズだし)
機会があればお城ツアーに行きたいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

この映画は、賛否両論が激しいみたいですね。
私が呼んだブログでは、
>オックスフォードの学生が、セールスマンのような話し方をしている
と批判していました。

マシュー・グードなら、品があるチャールスを演じきれると思いますが、
未見なので何とも(ましてオックスフォードなまりなんてわからないし・苦笑)。

マシューも端正な要望に似合わず(?)かなり曲者的な俳優さんみたいですね。
「高慢と偏見、そして殺人」で初めて見ましたが、ほかの作品も、ぜひ見てみたいと
思う俳優さんの一人です。

先にあのゴージャスなドラマを観てしまったから
どうしても説明不足に感じられてしまいましたが
マシューもベンも、演技は良かったと思いますよ。
チャールズの実はちゃっかり嫌な奴ぶりをきちんと演じていたし。
ベンも彼なりにセバスチャンの妖艶さを醸し出していたと思います。

そして「高慢と偏見、そして殺人」のお屋敷がブライズヘッドだったようで
もう一度お屋敷チェックをしてみたくなってしまいました。
しかしダウントンにしても、豪華なお屋敷が今も残され
役立っているのが素晴らしいです。