FC2ブログ
Top Page › Downton Abbey › Downton Abbey S2-#6 「謎の負傷兵」

2015 · 01 · 26 (Mon) 21:01

Downton Abbey S2-#6 「謎の負傷兵」

いろいろと謎の多い話だったな!

顔をひどく火傷したカナダ人の将校ゴードン。
彼がイーディスを捕まえて、自分はタイタニック号で沈んだが助けられた
メアリーの婚約者だったパトリックだと言い出したとき
イーディスはびっくりしてしまいます。
そりゃそうでしょう。誰もがパトリックは死んだと思い
だからマシューに相続の話が舞い込んできたんですからね。
助けられたゴードンはそのまま記憶喪失になってしまい、カナダ人として生活していたのですが
今回の戦争の事故で突如記憶が戻り、自分がパトリックだと認識
そして運良くなのか努力があってなのか、ダウントンに戻ってきます。

都合のいい時に出てくる記憶喪失!
今回の絶妙なタイミングを伯爵家の人たちは相当疑り深く
特にメアリーは全く信じようとしません。
それでもイーディスだけはゴードンと思い出話をしているとつながりが見えてくるので
彼はもしや・・・と信じる気持ちも強まっていたようですが
結局ゴードンは自ら身を引きます。
果たして本当にパトリックだったのか、それともパトリックの身分を偽って現れた別人だったのか
結局は謎のままです。

謎といえば暗礁に乗り上げてしまったベイツの離婚話
ベイツ妻の脅しは相当なものに違いないと思っていたら
まさかの妻が亡くなってしまいました。
何があったんだ?とこちらも相当の謎。

メアリーがマシューにつきっきりで、リチャードは面白くありません。
メアリーと結婚したら空家のお屋敷に住む話を持ち出し
メアリーと内見に行ってきます。
そしてメアリーは執事としてカーソンを連れて行きたいと言い出し
カーソンも従わざるを得ない様子でした。
ところが勝手なことは言わせない!とこっそりメアリーを脅すリチャード。
この結婚、メアリーが不幸になりそうで心配!
ついでにリチャードはマシューの世話に、再度ラビニアを送り込みます。
ラビニアも気持ちを入れ替えて真剣なようです。

戦争が終わった!これは本当によかった。
またダウントンで今までのように生活したいと思うコーラとヴァイオレットは
まだ医療施設として使いたいと思っているイザベルを
上手に誘導して追い出してしまいます。
このあたりの手際の良さはお見事。
トーマスは闇で食料を売ることを思案中。
いかにもだよね。
戦争が終わってもまだまだ大変です。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-02-02

Comments







非公開コメント

この男性は、のちにまた出てくるとか、ないのかしら。
尻切れトンボの終わり方で、あと引くような感じがしました。

リチャードは・・・、
ヤなやつですね。
こういうのが結婚するとモラハラするんだろうな。

そして、伯爵さま!
ご乱心でしょうか、
次回はどうなるんだろう。

戦争が終わっても、まだまだ安心できませんね。
2015-01-29-11:04
くーみん [ 返信 * 編集 ]

戦争がもたらした様々な影響が感じられますが
パトリックが本物なら悲しすぎる結末でした。
偽物が出てきても全然おかしくないですからね。
もし本物なら再登場十分あり!だと思います。

リチャードはDVオヤジになりそうな予感大で
これは十分憂慮しないと。
でも家庭事情ならぬ屋敷事情があるだけに難しいですね。

戦争が終わってまた新たな問題が勃発しそう!!
2015-01-29-20:12
Garoto [ 返信 * 編集 ]