FC2ブログ

The Night Shift S1-#2 「心の疼く夜」

いきなり病院前に停まっていた救急車に車が突っ込んできて驚きましたが!

さすが夜間のER、いろんな患者がてんこ盛り。
その人たちを適切に捌き、治療に当たる姿はすごい!の一言に尽きます。
このテンポの速さがERで覚えた医療ドラマの魅力なんだよね。
というわけでかなりERに近い展開にワクワクしながら観ています。
ERと違うことといえば、夜のシフトの人しか出てこないこと
(そういえばThird Watchの人たちも時間帯が決まってたはずだったけど
いつの間にかめちゃくちゃになってたよね。
彼らもそのうちデイシフトしなければならなくなるのかな?)
そして軍関係者が占める比率の高いことでしょうか。

パトカーで運ばれてきた保安官補ニックは胸を撃たれていて
彼はTCの大切な戦友なので、TCはなんとしてもニックを助けようとします。
ニックはアフガニスタンでも撃たれ、その敵を負ったTCの兄が命を落とし
軍の心臓外科医フラナリーがTCの兄の心臓をニックに移植していたのでした。
TCにとっては兄を失っても、兄の一部はTCの中で生きており
さらにTCもニックに助けられていて、ニックは大切な存在なのでした。
しかし移植された兄の心臓は既にズタズタ、すぐに新しい心臓が必要になります。
その頃、すぐに薬を要求しに来る常連の男をトファーが追い払ったら飛び降り自殺
脳死とみなされますが
トファーは自分のせいで彼を死なせるわけには行かないと必死に蘇生しようとします。
脳死が確認され、両親の同意が得られれば男から心臓をもらって移植しようとするTCと
なんとか男を助けようとするトファーの思いがぶつかり合いますが
両親も来て、いよいよ移植を決意しかけたそのとき、男が死の淵から戻ってきます。
トファーの努力で奇跡的に助かったのですが、TCはニックを助けられませんでした。

ドリューが診ている男の子アンソニーは腕を骨折していますが
話している様子があいまいで、レントゲンを撮ると過去に肋骨を折った跡などが見られます。
ドリューはランドリーは母親の虐待を疑いますが、アンソニーからは情報が得られず
ランドリーが少しずつ話を聞いていくうちに、アンソニーは突然女の子の人格を表し始めました。
虐待に因り多重人格化しているのかも。
母親に話を聞いていくと、母親も腕に傷を負っていました。
ドリューとランドリーはそれをアンソニーに伝えると
またアンソニーの別の人格が現れてブチ切れて暴れだします。
この人格が母を傷つけていたんですね。
正しい治療が必要なはずだけど、母は息子と離されることが嫌だったようで。
SVUのような事件に衝撃的でした。

結婚式後に交通事故にあった新郎が
意外な秘密を隠していて新婦が衝撃を受けたり
老人ホームで蔓延する性病の検査を
新人ポールが任されたりとコミカルな話題もあったのですが

いつもなんだかイライラしているラゴーサ
ランドリーがいつでも話を聞くと持ちかけたら
妻子が出て行って孤独状態だったんですね。
SFUのフェデリコにもそんな話なかったっけ?
ふと思い出してしまいました。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
吉崎未来  
こんにちは(^^)はじめてコメントします!

ドラマも視聴率次第で即打ちきりな時代ですが、あれこれ1エピソードに詰め込みな気がします。法医学も含め医療ドラマが最近乱立なようですが登場人物がほとんどアドレナリン全開で見てるだけで疲れちゃったです(^_^;)刑事フォイルやバーナビーなどと交互に観ないとバランスがとれなくて。面白いんですけどね。

2015/02/08 (Sun) 09:31 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

吉崎さん、こんにちは。おいでいただきありがとうございます。
ERとどこが違うんだ?的なNight Shiftのこの先の展開がどうなるのか気がかりですが
医療ドラマも観る人の好みがありますよね。
私はGrey's Anatomyのドクターたちの恋愛事情にうんざりしてさっさと挫折しましたが
人気ドラマで興味のある分野でもやはり受け入れられないドラマってあるのかなと思います。
Night Shiftはこの大忙し状態をどこまで持っていくのか。
そのうち方向転換するのかもしれないし
まだ未知の世界ですね。

フォイルは名作ですよね!それそろまた落ち着いてフォイルの世界に浸りたくなってきました。

2015/02/08 (Sun) 10:48 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ