FC2ブログ

Downton Abbey S2 「華麗なる舞台裏」

S2シーズンファイナルを直前に控え、特番の登場。
DVDBOXでは特典映像の部類でしょうか。
でも1時間枠のしっかりした番組に編集されていました。
内容もちょうどこの時期に合っています。
S1から今までのストーリーと人間関係のおさらい。
そしてキャストの素顔が覗けるインタビュー。
アンナは「おみおくりの作法」を観たばかりだったので馴染みがありましたが
ほかのキャストは普段の姿とダウントンモードではずいぶん雰囲気が変わりますね。
パットモアさんがキュートでした。
ベイツさんはあんまり変わってない気もしましたが(苦笑)

しかし何故ここで特番?
次のシーズンファイナルエピソードは
本国ではクリスマスエピ扱いで特別タイトルが付いてるし
1時間半枠になっています。
だからその前に今までのおさらいを入れ
クリスマスエピをご期待下さい!っていうように編集したのかもしれません。
確かに多少クリスマスエピのネタバレにはなってましたが
ドラマの結末は見えてなかったから、この時期での放映でよかったのかも。
ちなみにNHKではクリスマスエピを2話に分けて9話、10話として放映しますが
スタチャンでは第9話しかエピガイがないので
1時間半枠で放映されてたのでしょうか。
ちょっと気になります。

ここで一冊の本をご紹介

執事とメイドの裏表 ─ イギリス文化における使用人のイメージ執事とメイドの裏表 ─ イギリス文化における使用人のイメージ
(2011/11/22)
新井 潤美

商品詳細を見る

まさにダウントンの世界の使用人制度
執事やメイド、料理人、従僕などの役割が
当時の文献や小説などを用いて詳しく紹介されています。
この本を読んで、使用人それぞれがどのような立場で何をすべきなのか
とてもよくわかりました。
あとがきでダウントンのことも触れられています。
興味のある方は是非読んでみてください!
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

>お見送りの作法
あ、ご覧になりましたか?
私も見に行きたい!と思っていたところ。

明日は「ミルカ」を見に行くので、ちょっと先になりますが。

今回は面白かったです。
中の人たちの素の姿を見ることができて。

ちょっとびっくり仰天な人もいましたね、
あまりの落差にビックリ。
いや、素のほうが素敵なんだけど、
デイジーとパットモアさんなんか、まるで別人なんだもの!

くすくすしながら、楽しませてもらいました☆

2015/02/17 (Tue) 12:24 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

「おみおくりの作法」実にイギリスらしい作品でした。
現代バージョンのアンナをお楽しみください♪
主役はレイ・ドノヴァンのテリーなんですけど、まるで別人みたい!

ダウントンの素顔のキャストたち。
これまたかなり違う人がいましたね。
でもベイツさんは全然変わってなかった(笑)

次回からまたドラマにどっぷりハマらせてもらいます。

2015/02/17 (Tue) 19:59 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ