INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S1-#4 「アラモの夜」

アラモ砦での戦いを再現するアラモ祭りの日
酔っ払いが多数運ばれてくる中で、銃で太ももを撃たれた男が搬送され
その男は延命治療拒否のブレスレットをしたキリスト教信者であることが判明しますが
ジョーダンはブレスレットを引きちぎって治療を開始、TCも協力します。
そのことがバレると当然ラゴーサは怒ってジョーダンを担当から外し
ランドリーもジョーダンの行動を非難します。
男は意識が戻りますが、記憶喪失を起こしているようで自分が誰だか分からず
ランドリーが何枚かの写真を見せると、カフェとそこで働く女性が思い出されたので
その手がかりを捜すことにします。
その間男は急変し、心停止までしかけ、原因がわかりません。
そのうちカフェで働いていた元彼女が到着。
男は双極性障害で薬を服用していたことがわかり、薬のせいで急変したことも判明します。
元彼女は男を治療してくれたことに感謝
TCは運んできた救命士を丸め込んでブレスレットの存在を封印し
ジョーダンのお咎めもなくなりましたが…

ジョーダンがTCとランドリーの関係を知ってしまったために
ジョーダンとランドリーの間に緊張が走ります。
TCとランドリーが付き合うのは構わないとしてもジョーダンとTCの関係は特別で
そこにはランドリーが入れ込めない部分があるみたい。
今回の男の治療を巡っても二人は対立し
実は精神科医の分析が役だっていたことを後でジョーダンは認め、ランドリーに謝ります。
こうして二人の関係は修復されますが
今度はジョーダンの恋人のスコットが登場。
仲睦まじい様子を見ていたTCは複雑気分みたい。
ところでスコットってPerceptionでケイトと離婚予定のドニーじゃないですか。
いきなり2箇所に登場で、また混乱しそうです(笑)

ドリューは軍の予備役訓練に参加、
ところが車で移動中、仲間が銃をぶっぱなしているうちに車が横転し
ドリューは自力で這い出し助かりますが、仲間が大怪我を負います。
ドリューは応急処置をして怪我した仲間を歩いて搬送。
真夜中の荒野の移動は大変でしたが、仲間を救うことができました。
ところで兵士たちの会話ってやっぱりゲイ差別が強烈で
ドリューは努めて女好き路線をアピールしてましたが
でも実は違うことがバレてるみたい。
それを非難されてはいなかったからいいけれど
相変わらず辛いね。

パイプカット宣言したトファーは仲間たちに(患者にまで?)励まされて手術に向かったみたいだけど
手術はどうだったのかな?
そしてイジられキャラのラゴーサは頭痛が辛くて
ランドリーのデスクに置いてあった薬を飲んだらそれがMDMAで
あっという間にぶっ飛んで意味不明の言動をしまくります。
でもラゴーサだからお茶目に見えちゃうんですが(笑)
ようやく正気に戻ったラゴーサは
ランドリーに自分の境遇や病気のことを告白。
自分の弱みを見せる気になったようです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント