INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order TBJ #8 「歓喜の後で」

やっとお預け状態だったTBJを観ました!

前半がL&O 本家S15-#20 「恋多き弁護士」(Tombstone)
後半がこちらのTBJ (Skeleton)です。
邦題意味不明だな。
墓石と骸骨の方が、ドラマの起承転結を見事に物語っているのに。

クロスオーバー形式と言っても、前半は本家の事件が普通に展開
後半に本家の人たちが入り込んできてその続きが観られるという流れです。
前半は超忙しい企業弁護士の女性がオフィス内で墓石で頭を殴られて死亡。
妹は彼女を仕事一筋だと思っていたらとんでもなくて
付き合っている男性が多数出現。
そのうち一人が元警官で今は警備を担当している妻子のある男ペルーソで
ペルーソは彼女を妊娠させてたけど殺害はしておらず
真犯人は事務所の同僚だと判明。
裁判ではマッコイさんもその昔面接を受けた
事務所の代表弁護士フォッグが法廷で嘘つき呼ばわりされる
異様な展開?で事件は幕を閉じるんですが…

それとは別にペルーソが法定で証言するためグリーンと移動中
何者かに撃たれて死亡。
グリーンも撃たれて倒れます。
グリーンは命には別状がなかったものの治療に専念
フォンタナは怒り心頭、そして次のエピからファルコ登場と
このシーンは鮮明に覚えていました。
このペルーソ殺害事件のその後がTBJで描かれていたんですね。
フォンタナの怒りの矛先がきちんと用意されていてよかった!

マッコイさんはリベンジしたくてたまらなかったんですが
ほかの案件を抱えており、ブランチはカイバーに譲るよう命じます。
ということで続きはTBJへ。
ペルーソとグリーンを撃った男
グリーンの目撃証言等から売春業を営んでいるオルティスの名が挙がります。
ついでにマンチまでSVUから情報を持ってきてくれました。
さすがマンチ、どこにでも出現します。
オルティスは警官時代のペルーソとつるんで金儲けをしていたんですが
オルティスはルーカスからペルーソ殺害を命じられたと自白します。
ルーカスの証言を得るためにサラザールがワイヤーを付けて潜入しますが
私服サラザールってとたんに情けないミゲルに変身できるからすごいな(笑)
そういえばペルーソはOZの良心マーフィーですから
OZファンにはなんとも因縁めいた展開になってきました。
だけどミゲルは基本ダメダメなので(笑)効果なし。
ルーカスの有罪を決定できず。

しかしルーカスが所持していたポルノビデオの映像が
女性の殺人事件と断定されます。
今度はこちらで迫っていくのかと思いきや
殺されたはずの女性はルーカスの証言通り生きて登場
見事に演技していたことが判明します。
これがRevengeのアマンダ・クラークだったので怪しさ倍増です(笑)
ルーカスの愛人兼弁護士のブレアの力でルーカスは無罪に。
カイバーやガフニーは悔しいけど仕方ないです。
でもアマンダじゃなくてステファニーが漏らしたもうひとつの殺人事件
焼死体となった女性の骨を検視すると
頭蓋骨から弾丸が発見され、ルーカスの犯行と特定されます。
フォンタナは大喜びでルーカスを逮捕。
こうしてフォンタナのリベンジは達成されるんですが
マッコイさんはリベンジしてないよね。
というわけでこれでスッキリ解決というわけでもないのが
L&Oシリーズの面倒なところなんですが
とりあえず墓石⇒骸骨になったでしょ(笑)
タイトルには意味があるのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

一つの事件で無事切り抜けた、と思った犯人が、
別件で逮捕されるというのは、L&Oシリーズではありがちな展開。

見ているほうは、少しスッキリします・笑

この2話は、オールスターキャストで、楽しませてもらいました☆

やはり通して観ないと分からないですよね。
前に本家だけ観たときは、次のエピでファルコ登場に面食らったもん。
今回TBJだとはいえ、最後はヴァン・ビューレンとフォンタナがびしっと締めてくれてほっとしました。
これぞ正しいL&Oシリーズです。
この後のSVUとのクロスオーバーは、さらに見事な協力体制なのでご期待下さい!