INDEX    RSS    ADMIN

Borgen S2-#4 「戦いに挑んで」

労働党党首と外務大臣になったフクセンハーヴェンは大活躍。
労働党の支持率も一気に上がります。
そんなときソマリア沖でデンマーク籍の貨物船が海賊に襲われ
乗員が人質に取られます。
CSIの人質事件はいきなり大騒ぎだったのに
こちらのビアギッテはのんびりしてるというか
まあデンマークで騒いでいても仕方ないと思ったのか
世界会議を呼びかけて解決策を図ると悠長なことを言っています。
ところがフクセンハーヴェンはビアギッテの指示を無視して
乗組員の家族とコンタクトを取るなど独自に動き出します。
あくまでも首相、内閣の指示に従うとしながら
労働党の党首だからと勝手に動くフクセンハーヴェンの姿に
ビアギッテは腹が立って仕方ないんですが
フクセンハーヴェンのやってることも間違っていない気もするし…

ビアギッテの心労は家庭にも
フィリップの恋人が突然家にやってきて
ビアギッテはびっくりするものの、あっさりと初対面の挨拶を交わします。
しかし次に会ったときはマグヌスの躾をめぐって意見の対立が
ビアギッテはまだフィリップと寄りを戻す道を模索したがっていましたが
それはフィリップに完全に否定されます。
一人飲んで酔っ払ったビアギッテは
書類を届けに来た運転手のキムと勢いで寝てしまいます。
翌日ビアギッテがキムと寝たことをカスパーに打ち明けると
カスパーは密かにキムを左遷します。

内閣セミナーの際にエクスプレスに送り込まれたイケメンカメラマン君。
ラウゲセンはフクセンハーヴェンのゲイ疑惑写真をネタに
フクセンハーヴェンを叩く記事をカトリーネに書くように命じますが
今更政治家がゲイでどこが悪いとカトリーネとハネは反論。
逆に今回のフクセンハーヴェン叩きはラウゲセンが仕組んでいたことを
イケメン君の顔がわかる写真をラウゲセンのPCから盗み出し
イケメン君からも事情を聞いて明らかにします。
カトリーネたちに無視されたラウゲセンは自ら疑惑写真を持ち出してフクセンハーヴェンを脅し
フクセンハーヴェンはビアギッテに真実を述べると
外務大臣と労働党党首を辞めると言い出します。
ビアビッテはカミングアウトも理解されると励ましたのに。
だがビアギッテが会議に出ている隙に
フクセンハーヴェンは彼女の睡眠薬を持ち出してひと瓶飲んで自殺。
順風満帆だったフクセンハーヴェンの悲しすぎる最期でした。
ラウゲセンのやり方に腹を立てたカトリーネはエクスプレスを辞め
ラウゲセンの仕組んだ証拠をカスパーに渡します。
ビアギッテは受け取ったネタを担保にフクセンハーヴェン叩きを行わないようラウゲセンに命じますが
ラウゲセンはビアギッテがキムと寝たことを知ってました。
キムがチクったのか?
ラウげセン、相変わらずあくどいね。
早く誰かがラウゲセンを潰してくれないかな(苦笑)

カトリーネと寝てしまったカスパーは
ロッテに申し訳ないし距離を置きたいと宣言。
もちろんカトリーネも一緒ではうまくいかないことはわかってるけど
なぜか意識しちゃうんですよね。
それを薄々感じてるロッテが一番気の毒だよね…やれやれ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント