FC2ブログ

Law&Order TBJ #11 「決着」

ついに日本でSVUとTBJのクロスオーバーが完結しました♪
実はこのエピソードについて語るのは3度目。
最初は2006年、TBJ箱を購入した時で
まだSVUも日本版で観ておらず、とりあえず雰囲気で視聴。
あまりに豪華なキャスティングに圧倒されてしまいました。

2度目は2010年
SVUのS6オンエアの時に前半を日本語字幕で観てから
改めてTBJ箱で後半を視聴。
ストーリーがだいぶ理解できて、面白さも増してきました。
そして今回の完結バージョンとなるわけです。

ちなみに前半部分「Night」のエピガイはこちらです。
SVUを観る機会のなかった方は、参考にしてください。

今回もう一度日本語字幕版で前後編合わせて視聴しました。
SVUではカイバーが不思議な名前で呼ばれていたのがちょっと気になりましたが。
少し前にあった本家とTBJもクロスオーバーは
本家の事件から派生したもうひとつの事件で裁判が発生していましたが
今回はじっくり90分、ひとつの事件を追っているのが素晴らしかった。
本来ならノヴァクが法廷にいるはずなんだけど
彼女が被害者になってしまったために、カイバーに交代し
そこで他のメンバーたちも捜査に関わってきます。
でもやはり捜査の主導権を握っているのはベンソンとステーブラーで
ベンソンがジュリアの娘のメグにDNA鑑定を依頼したとき
ベンソンだから説得できるんだなと納得。
いつもながらのベンソンの熱意を強く感じました。
アスペルガー症候群について詳しく語られるのも
当時は画期的だったのかな。
以前は本家を観ていなかったのでオリベットの存在を知らなかったんですが
本家からオリベットも招いてるなんて本当に贅沢です。
ガブリエルがLAのモラレスになるなんて
まさかこの時は想像もつかなかったし
L&Oシリーズの人脈はすごい!
さらにOZファンには嬉しいOZ祭りが前半を中心にあちこちで開催。
感動しまくっていましたが
今回後半をチェックしていたらジュリア役の人って
BonesとNew Girlのデシャネル姉妹のお母さんだったんですね。
知りませんでした。

SVUはずっと観続けていて
S6はずいぶん前に観ていて、ベンソンが若いななんて思いましたが
そのまま毎週観ている後半につながっていくのが
なんだか不思議な気がして。
やっぱりクロスオーバーは同時に観たいですよね。できるなら。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

前半部分はまだ見ていないのですが、
ジェシカおばさんが出ているので、ビックリしました。
別な役で見ると、また新鮮ですね。
したたかなおばさんでした。

彼はアスペだったんですか。
感情がないみたいで、それでも犯罪に走ると、怖いなあ・・・。
善悪の判断が焦点でしょうか、

有罪になって、ほっとしました。

2015/03/12 (Thu) 19:26 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ジェシカおばさん、顔は一緒でも別人だったでしょ。
それよりLAのモラレスがあんな役で・・・でも見事に演じているのがさすが役者さんですよね。

前半は実に正しいSVUでしたが
OZファンにはあちこちに楽しい出会い?がいっぱいで
それだけで満足してました(苦笑)
本当にいろいろとすごいクロスオーバーでした。

2015/03/12 (Thu) 19:39 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ