FC2ブログ

Borgen S2-#8 「内にて失いしものを外にて取り戻さん(後編)」

アフリカの謎の!国、北カルーンと南カルーンの和平交渉を成立させようと
意地になって動くビアギッテと政府関係者
南と北の間に緩衝地帯を作ろうと提案を持ちかけますが
北に中国からの武器輸入の話が持ち上がってきてまず中断。
謎の国のお話なのに、関わる国は中国と名指しですか?と
中国の脅威はシビアな問題なんだよねと納得。

北はアミーア、南はベントが中心になって大統領を説得。
南はかなり好意的になっていますが、北は聞く耳を持たず。
ビアギッテは北京と直談判して、武器の輸出を止めさせます。
そんなに中国って素直に理解してくれるのかな?と不思議なんですけど
相手が謎の国ですから…
どうでもいいけど徹夜明けのビアギッテが
北京の電話で「おはようございます。」は違うだろと
ちらっと反応してしまいました。

問題は解決したかのように見えたけど、北はおへそを曲げて帰ろうとします。
なんとかしたいとスタッフ一同必死。
そんなときカトリーネは、ミケルセンという実業家が何故かカルーンの戦地にいる写真を発見。
ハネとともに詳細を聞き出そうとするけどミケルセンが無視したため
ミケルセンの弱みを握って脅しをかけます。
大体こういう人って真っ当に生きてないですからね。
悪事を封印してもらう代わりに、ミケルセンがカトリーネに差し出したのが
原油絡みで北が南から不正に金をだまし取っている事実が明らかになるデータでした。
これを暴露したら和平交渉は一気に決裂間違いなしです。
トーベンはスクープを喜びますが、カトリーネは悩みます。
そしてカスパーに尋ねると
カスパーはカトリーネにスタッフが必死の思いで交渉に向けて動いている様子を見せます。
さらにビアギッテからトーベンに直々に、報道しないように頼み込まれます。
トーベンがためらっていると、ハネがさっさとビアギッテに同意
そしてミケルセンから受け取った資料を差し出すのでした。
ビアギッテはその資料を見せて北を脅し
和平交渉は成功を収めるのでした。

そもそも何故デンマークが?の和平交渉でしたが
裏技&小細工でうまくすり抜けたかな。
ビアギッテの強引さはもちろんだけど
アミーアとベントの頑張りが光ってたね。
二人共一旦は政界から離れていたのに。
よく頑張りました。

ビアギッテが首相府に缶詰状態の間
相変わらずラウラは薬を飲まず、それをマグナスが知ってしまったため
ラウラはマグナスを脅します。
そしてついにラウラは発作を起こしてしまいます。
こうなると入院治療が必要で
家族の生活も変えていかなければなりません。
主治医にそう言われても、ビアギッテが生活を変えることができるのか?
やっぱり政治より家庭の方が大問題なのでした。
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
くーみん  

微妙ですよね~、
仕事はばっちりうまくいったのに、私生活ボロボロって・・・。
本来なら得意の絶頂のはずなのに、精神的にはどん底でしょう。

人前では笑顔で対処しなくちゃいけないだろうし、
それにしてもデンマークのマスコミ、首相の私生活はまるッとスルー?

アメドラだったら、すっぱ抜かれて大騒ぎでしょうに。

話がすごくうまく組み合わされていると思いました。
脚本が丁寧で、最後の駆け引きに、カトリーネの資料もってくるか、と。

次はどういう展開か、
ラウラもつらいのは分かるけど、いつまでもお子ちゃましていないで、
しっかりママの片腕になってほしいな。

2015/03/27 (Fri) 18:05 | 編集 | 返信 |   
Garoto  

ビアギッテの首相府と家庭とのギャップが大きすぎて!
そして確かに、もっと首相の私生活が暴かれても不思議じゃないですよね。
カスパーがうまくブロックしてるのかな。
Scandalのグラント大統領なんて、私生活しか見えてないのに(爆!)

アフリカのありえない国のお話でしたが、それなりに楽しく見させてもらいました。
一度は一線を退いたベントとアミールの活躍もよかったし。

そしてラウラの件。
ラウラとデンマーク国民には気の毒だけど?これをきっかけに家族の絆が深まればいいのかなと思っています。

2015/03/28 (Sat) 12:21 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ