INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S16-#12 「Padre Sandunguero」

アマーロの父ニコラスが、20年ぶりに息子を訪ねて署に来る。アマーロが渋々ニコラスに会うと、ニコラスは28歳のドミニカ人のガブリエラと再婚するので、パーティーに参加して欲しいと頼む。ニコラスが帰った後、アマーロはベンソンに怒りをぶつける。
アマーロが母セサリアの家に行くと、妹のソーニャがマリアに頼み込み、ザラを連れて帰ってくる。アマーロはニコラスの結婚式に行く気はないし、ザラも行かせないと言い切る。
結婚式前夜のパーティーに、ザラはセサリアやソーニャと一緒に来ていた。ガブリエラは若い男性と、セクシーなダンスを踊っていて、その様子をニコラスはじっと見ていた。やがてニコラスが下に降りたガブリエラを追いかけ、その後喧嘩が起きる。物陰に隠れたザラは、残業中のアマーロに電話で助けを求める。
現場に到着したアマーロに、ガブリエラはニコラスが侮辱されたと言って殴ったと話すが、アマーロがスペイン語で話しかけると、証言を変える。ニコラスは逮捕され、頭部を怪我したガブリエラは病院に送られる。
病院には担当刑事の他にベンソンが訪れガブリエラから事情を聞こうとするが、ガブリエラは殴られていないと訴える。最初は混乱していて違う証言をした。パーティーでハビエルと踊っていたが、トイレに行くとハビエルが追いかけてきて胸を触った。するとニコラスが来てハビエルを引き離そうとして、そのとき頭をぶつけた。ニコラスは自分の心配をしている。釈放して欲しいとガブリエラは頼む。ベンソンはガブリエラにDV被害者の疑いをもつ。
皮膚科のドクターのハビエルは、1年前まで法定レイプで登録されていた。19歳の時16歳の少女との関係を、相手の父親の警官に訴えられたからだ。ハビエルはガブリエラとダンスを踊ったことは認めるが、彼女を追いかけて下に降りていない。その後ソーニャと踊った。その様子をガブリエラの父ルイスが全て見ていたと説明する。またルイスは、ニコラスはガブリエラをじっと見ていた。ガブリエラが降りた後一人で下に行き、戻ってきたとき氷で拳を冷やしていた。下ではガブリエラが血だらけになって倒れていて、自分たちと乱闘になった。ニコラスがガブリエラを殴ったに決まっていると断言する。アマーロはIABのタッカーに呼ばれる。アマーロがガブリエラに刑事だと名乗り、スペイン語で話しかけた後ガブリエラが証言を変えたことを指摘、家族をかばったと疑われることを示唆する。
ニコラスと弁護士は叫ぶガブリエラからハビエルを引き離した、ニコラスはガブリエラをかばったために、拳を壁にぶつけたと説明するが、ハビエルが下に行ったことを誰も見ていなかった。ニコラスは暴力罪に問われ、保釈金10万ドルを言い渡される。アマーロはニコラスに司法取引を要求するが、ニコラスは息子を怒鳴りつけ、相手にしない。
タッカーはベンソンに会い、アマーロの立場が複雑であることを伝える。ニコラスが取引に応じないので、バーバはアマーロに証言を求める。アマーロはニコラスのDVの慣習性を証言することになる。アマーロは家族と食事をするが、ニコラスの件を巡って母やソーニャと言い争う。

ニコラスは家族のために、取引に応じると言い始める。しかし告訴人も目撃者もおらず、治安びん乱罪に問うしかない。ニコラスは息子が父親に逆らう度胸はないと言い切る。バーバは第3級暴行罪で60日を要求するが、結局本件は法廷に持ち込まれる。
法廷でハビエルは、自分がガブリエラと踊った後、ニコラスがガブリエラを追い、氷で手を冷やしていた。ガブリエラは母親に連れられて戻ってきたと証言する。またルイスも、結婚式の前夜に娘が殴られたと証言し、娘がニコラスと結婚するのは間違っていると怒りをあらわにする。
バーバはアマーロに法廷での証言について確認する。目撃者はなく、証人はニコラスに悪意をもっているが、陪審人はニコラスの味方になっている。父親との対決はしない方がいいのではと、バーバは自分が死んだ父への怒りが消えていないことを引き合いに出して伝える。
アマーロは証言台で、ザラから電話で連絡を受けた、ガブリエラは最初、激怒したニコラスから殴られたと話していたと説明する。そしてニコラスは昔と同じだ。嫉妬したり侮辱されたりしたと思うと、母を殴っていたと証言する。弁護士の問いに対し、20年間あまり会話がなかったのは、敵意があって当然だからで、ニコラスが結婚式に招待してきたのも、親密だという幻想を作りたいだけだと説明すると、弁護士はアマーロが怒りの制御が苦手なことを指摘し、父親を陥れるために作り話をしたのではと迫ってくる。
ザラは、おばあちゃんもおばちゃんも怒ってるとアマーロに伝える。
続いてニコラスが証言、ニコラスはハビエルに対して怒り、彼を止めようとしてもみ合いになった。その時ガブリエラが頭をぶつけた。ルイスは誤解しており、アマーロが話した暴力の件はでたらめで、母親と別れたことを許してくれないと説明する。バーバはニコラスが下に行った後、ハビエルは無傷なのにニコラスが手を怪我したことを指摘するが、ニコラスは全く証言を変えず、息子は嘘つきだと言い切る。ニコラスは平然と偽証を続けた。
すぐに評決が出され、ニコラスは第二級暴行罪は無罪と言い渡される。
釈放されたニコラスは署にアマーロを訪ね、証言台で言った思いは本当だと言い始める。アマーロがガブリエラや母、妹を守ろうとして、やっと父親に立ち向かったと息子を認め、おかげで嫌われたがこの歳で刑務所はキツイと本音を明かす。巻き込んですまないと言ってニコラスは出て行く。

ロリンズの過去がひと段落してと思ったら(ロリンズお休み中ですね。リセット状態かな)
今度はアマーロの過去が掘り起こされます。
まずは面倒くさい父親登場。
まさにニコラスシニア、怒りっぽいところは申し訳ないけど息子にそっくりで
この父にしてこの子ありなのかなと感じてしまいました。
反面、母に暴力を振るう父を見て育っていたので
暴力への反発心が警官への道を選んだのかもしれないけど。

しかし堂々と偽証し、それが通ってしまうニコラス、ご立派だ。
それでガブリエラとはどうなるの?
ガブリエラはまだその気かもしれないけど、ルイスが許さないでしょうね。
とにかく危険なオヤジなのは確かなんだから、早く別れた方がいいです。
そして怖い目に巻き込まれちゃったザラちゃん。
アマーロは娘のケアも忘れないようにしないと…

本エピはMariskaが監督しています。
ベンソンもすっかり落ち着いた上司になってるね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ほんとに、癪にさわるオヤジですね~、
今回、検事がわも手も足も出ずじまい、ですか・・・。

なんだか、続編がありそうな予感なんですけど。

アマーロがどうしてこういう性格なのかよくわかった気がしましたが
それにしてもこのオヤジ!
無罪を簡単に勝ち取れてしまうのは、やはりどこかおかしいですよね。

続編でさらにオヤジがグレードアップ?それは勘弁してもらいたいです(苦笑)

>グレードアップ
いやいや、
今度こそ、正義は勝つ!
とか、ぜひやってほしいです。

そうですね。
今度こそ息子がオヤジに釘を刺す!
となるのかな?