FC2ブログ

凍てつく楽園~森に眠る少女~ (Morden i Sandhamn)

北欧サスペンス「凍てつく楽園」第3弾を視聴。
実はまだ2月のWOWOWプレミアのジャーナリスト事件簿が放置状態で
先にこちらを観てしまいました。
だって映像が美しいんだもん。

サンドハムン島の風景がとにかく素敵。
海も森も街の様子も
スウェーデンの人たちが、短い夏を満喫している様子が伝わってきます。
北欧ドラマはどうも冷たくて重苦しい感じがしてくるんですが
このシリーズは夏で明るくて清々しくて
だから殺人事件にも関わらず、気分良く観ることができました。

ノラは離婚したんですね。
今回は母と子供ふたりで島にやってきます。
トーマスとミアのコンビは一緒。
島で切断された少女の腕が見つかり
前の年にボート事故を起こして仲間のセバスティアンが死亡した後
失踪して自殺したと思われていたリーナの腕だとわかります。
一体誰がリナを殺害したのか。
そのうち、一緒にボートに乗っていたサラが行方不明になり
もうひとりボートに乗っていたヤーコブが疑われますが
リーナは継父ヨーランに乱暴されそうになっていたという情報も入り
ヨーランも捜査対象となります。
ヨーランのボートを調べると、事件に関わる証拠が次々に見つかり
ヨーランは逮捕されますが
それはあまりにも話が出来すぎています。

ノラはシモンをヨットスクールに通わせますが
インストラクターのマグヌスがノラに近づいてきます。
そしてついにノラはマグヌスのボートで一夜を明かすことに。
若いお兄ちゃんがなかなかやるなぁと思いつつ
怪しい感じも否めなかったんですが
結局事件とは関わっていませんでしたね。
ここでのヨットスクールが終了したら、また別のところへ移ってしまうようで
ノラにとってはひと夏の思い出になってしまうのでしょうか。

一方トーマスのところには別れた妻のペニラがやってきます。
元夫婦だったとはいえ、いがみ合っている様子もなく
なかなかいい感じでした。

真犯人のベングトには殺害の動機はあったのですが
ノラが日記を見せに自宅に行かなかれば、サラの発見はもっと遅れたでしょう。
妻がノラに真実を伝え、ノラが探しに行ったので
監禁されているサラを助け出せましたが
その間ノラは子供たちをベングトに預けていたので
ノラは青ざめることになります。
トーマスと一緒にベングトと子供たちを探しますが
ベングトは遺体の残りを処理したかっただけで
子供たちに危害を与える気はなかったんですね。
そしてトーマスがベングトを追いかけ
誤って足を滑らせ海に落ちた時も
ベングトは真剣に助けを呼んでいました。
ノラのCPRのおかげでトーマスは命拾いをして
ふたりの距離が少し縮まった?と思ったら
入院中のトーマスの病室にペニラが現れ
やっぱりノラとトーマスの関係はこのままなのかな?

本国では次のシーズンも放映済みのようで
是非続きを観たいです!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ