FC2ブログ

Law&Order UK S2-#8 「支配」

本家オリジナルはS3-#14 「秘められた思い」
IPSのマーシャルが若々しくて不安定で
ドキドキしながら観てしまったんですが
今回の英国版はかなり展開が違っていました。
本家では殺害されたジェニーと恋人のダニー
そして精神科医のダイアンとの間の三角関係が事件の原因となります。
同業者のオリベットがダイアンと面接し
ダイアンの本音を引き出すあたりが見所でしたが…

英国にはオリベットがいませんからね。
で仕方なく?精神科医ダイアンはソーシャルワーカーのダニエラに変更。
被害者アリスには婚約者のジョーがいて
アリスは妊娠10週目だったと
ジョーとアリスの関係はより親密になっています。
だが調べていくうちにジョーの過去に大きな謎が判明。
ジョーは11歳の時、友人のダレンとともに教師のイヴォンヌを殺害。
刑務所に入っていましたが6年前に仮釈放されたとき
名前を変えて別人として再スタートをしていました。
これってBorgenのカスパーみたいだけど
アメリカではあまり聞かない話だよね。
証人保護プログラムの適用で別人になることはあるけど
未成年の犯罪者が出所した時も、別人になるってことですか。
で本来はビリーという名前だったジョーは
セルメイトの名前をいただいてジョーになって出所したのでした。

そんなビリーだったジョーは睡眠障害を持っていて
ダニエラの診察を受けていました。
ジョーは刑事の尋問に対してアリスの殺害を認め
司法取引で入院することになっていたのに
突如罪状認否で無罪を主張。
自白したときはビリーを名乗っていたから
ジョーは無実だと言い出します。
さらにジョーの自白の言葉は
イヴォンヌを殺害した時の自白の供述と一緒でした。

ジョーがビリーであることが確認され
その事実を知っているものがアリスを殺害したことが明らかになり
ここから本家でも重要な証拠となった日記が出てきます。
だが本家ではダイアンがダニーを操った結果
ダニーがジェニーを殺害。
ダイアンは医師免許を剥奪され
ダニーは有罪となり刑務所に送られます。
こちらではダニエラにとっては
ジョーは恋愛対象ではなく、
守らなければならない存在だったのかな。
だからジョーを守ろうとして
ダニエラ本人がアリスを殺害したことが判明し
ジョーは釈放されるけど
その直後に首をつってしまいます。
本家ダニーも刑務所では生きられないだろうと言われてたので
最終的には同じ結論に達したってことのようです。

本家での三角関係が
英国では容疑者が別人になりすましたという
途中の流れが変わってしまった今回のエピ。
英国にオリベットがいないために
精神科医同士の話し合いができず
別の流れを考えざるを得なかったのかな?
でも同じゴールに持ってきたのには恐れ入りました。
そして久々に本家ではストーン登場。
ストーンが相手だと、スティールの存在感もさほど薄くは感じられませんでした。
ついでに弁護士のイーライが東洋系の俳優さんでしたが
東洋人にあのヅラは似合わないな…しみじみ。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ