FC2ブログ

Der Letzte Bulle (The Last Cop)

huluで配信が始まったドイツのドラマ。
本国では2010年にスタートし、5シーズン続いた人気ドラマで
フランスをはじめ、いくつもの国でリメイクされ
ついに日本でも日テレとhuluがタイアップして
唐沢寿明が主演でリメイク版がオンエアされるという
そのオリジナル版です。

日本版が始まるから、その前にオリジナルもオンエアしてくれるというhuluのサービス。
日本版には全く興味はないんですけど
ドイツドラマは大好きなので早速観てみたら面白い!!
現在配信中の2話分観てしまいました。

舞台はエッセン
80年代にドン・ジョンソンと言われていた(大袈裟だ)刑事のミックは
銃で撃たれ昏睡状態に陥ります。
そのまま20年の歳月が流れて突如覚醒。
元気になって警察に戻ってきたら、世の中はすっかり変わっていました。
古臭いオヤジとなってしまったミックは若いアンドレアスとパートナーを組まされ
浦島太郎状態で事件捜査に当たります。

主人公がタイムスリップはよくある設定で
イカボッドのように200年も年月が飛んでしまうと
それは馴染むのに大変ですが
20年でも変化は激しいです。
署内は禁煙だし(でもミックは守れない)
携帯もPCも意味不明でうまく使えず
車を運転すればカーナビに腹を立て
うまくいかないことばかりです。
しかもアンドレアスは生意気で偉そうだし。
捜査方法でもガンガンぶつかり合いますが
ミックならではの刑事魂が、アンドレアスを動かしていきます。

仕事上も大変だけど、プライベートも辛いことに。
妻のリサは昏睡中のミックに愛想を尽かして
検視官のマイズナーと一緒になってしまいました。
刑事と検視官は密接な関係があるわけですがその部分もややこしく
とりあえず公私を分けて関わっていくものの
なんとも複雑です。

様々なずれに驚き悩みながら
でもマイペースで、周りを巻き込みながらも捜査を続けていく
オヤジ刑事ミックの活躍が楽しみです。
さらにドラマの魅力となるのがBGMの80年代ロック。
懐かしの曲の数々が場面に上手くマッチしていて
Miami Viceもそうだったよねとしみじみしてしまいます。
ちなみにオープニングはAfter the FireのDer Kommissar。
いかにもでしょ♪
ついでのドラマ上ではミックはクイーンのファンで
フレディがエイズで亡くなったことが信じられないという一幕もありました。
日本版でもBGM効果があるのかな?
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ