INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S16-#20 「Daydream Believer」

シカゴP.D.で働いているナディアが、リンジーの誕生日のサプライズパーティーのケーキを買いに行くと言って出て行ったまま戻ってこない。ボイトとリンジーは連続レイプ殺人事件の容疑者とされる外科医のイェーツに誘拐されたと気づき、イェーツを追う。シカゴでは看護師がレイプされ火を放たれた事件が起き、ベンソンが10年前に手がけた事件に酷似していたため、SVUが捜査協力をしているところだった。
イェーツはナディアの口にテープを貼ってリンジーの車の後部座席に乗せ、シートで隠して出発する。途中でナディアを座席に残したままアイスピックとシャベルを購入、座席で何か動いていると目撃した男性に対し、犬を乗せているとごまかしてその場を立ち去る。テープをはがされたナディアは大声で助けを呼ぶが、イェーツは大音量でDaydream Believerを掛けながら歌っているので外に聞こえなかった。
警察はイェーツの乗った車を追い発見するが、車内には別人の夫婦が乗っていた。イェーツはナンバープレートを取り替えてNYへ向かっている。イェーツがナディアをトランクに閉じ込めると、ナディアは私を殺せばボイトに追い詰められると言って抵抗する。
イェーツがアイスピックとシャベルを買うのに盗難カードを使ったことが判明、車はブロードウェイブリッジを渡っていた。ボイト、リンジー、ハルステッドとSVUはロックされたままのリンジーの車を見つける。車内には血のついたナディアのスカーフが残されていた。
イーストエルムハーストでイェーツは仕事を終えて帰宅したキャビンアテンダントに近づき、荷物を持つのを手伝いながら自宅に侵入し、彼女を殴る。するとルームメイトが叫んだため、続けて殴る。女性たちの一人は死亡、もう一人は頭蓋骨骨折で脳に障害を負う。目撃証言があったためイェーツの容疑が固まり、イェーツは婚約者のスージーと一緒にいるところを逮捕される。
ロリンズがイェーツを尋問し、ナディアについて聞き出そうとする。イェーツはナディアとの出会いは偶然で、自分の潔白を示したくて警察に行ったらナディアに止められた。ナディアは街を出たがっていたが、一人でドライブを嫌がったので連れて行ったと話し出す。ロリンズは穏やかに、ナディアはどこへ連れて行かれたか聞くと、イェーツは彼女は辺鄙なところに連れて行かれた。そこは聖域で男は時々その場所を訪れるとほのめかす。
一方スージーはイェーツとはデューク大で出会ってから19年来の付き合いで、今日婚約したと説明、イェーツの被害者たちの写真を見ても全く信じられない様子で、彼は今日彼にとって特別な場所のビーチへ行っていた。靴に砂が付いていたと話す。そこはペラムベイ公園だった。
警察は砂浜や森を捜索し、腐食した大腿骨や骨盤、手の骨などを見つける。そしてシートにくるまれたナディアの遺体も発見される。

イェーツはナディアをレイプし殺害すると、車を乗り捨てていた。イェーツが殺害したと考えられる遺体が7体見つかっていて、イェーツは無作為に被害者を選んでいる。DNAを含め一切証拠を残していない。だが今回ナディアを選んだのは意図的で、シカゴP.D.への挑戦と思われた。
法廷でイェーツは自己弁護を要求、クレインと共同で弁護を行うことになる。まずナディアの死因についてワーナーが説明。リンジーはナディアが更生して犯罪学を学び、警官を目指していたことを伝えるが、イェーツはコールガールのナディアをリンジーが逮捕したことを指摘する。ベンソンが捜査の過程でのイェーツの供述や現場検証について説明すると、イェーツはレイプされたと訴えるナディアを逃がしてやりたかったと主張し始める。警察でナディアと会った時、ナディアはボイトにレイプされたと怯えていた。ナディアをNYに連れてきたら薬を求め、車から降りて姿を消したとイェーツは説明する。
バーバはイェーツにナディア発見時の写真を見せると、イェーツはその写真を使ってワーナーにナディアが殺害された時の精神状態を問いただそうとするが、ワーナーは答えない。イェーツはだんだん興奮して埒があかなくなる。
判決の結果、イェーツは第一級レイプ罪、第一級殺人祭で有罪となる。SVUとシカゴP.D.はナディアは家族同然だったと言って彼女の死を悼む。ボイトは拘留所のイェーツの面会に行き、彼の首を絞めながら、彼女と同じ気持ちを味わえばいいと脅す。

クロスオーバー三部作の第三部
Chicago Fire S3-#21 We Called Her Jellybean
Chicago P.D. S2-#20 The Number of Rats
に続いての3作目に当たります。
だから話が相当意味不明!!

ボイトやリンジー、ハルステッドは今までもクロスオーバーで顔を見せていますが
ナディアがどのくらい大事な存在だったのかは
リンジーの言葉だけでは十分に伝わってきません。
ナディアはChicago P.D.のS1から登場していて
コールガールで依存性だったのをリンジーが逮捕。
リンジーのルームメイトになって更生し、シカゴP.D.で働いていたんだから
セミレギュラー的存在だったようです。
なのにこんな無残な最期なんて。
SVUだけ観ていると、レイプ殺人事件の被害者の一人にしか感じられませんが
Chicago P.D.を観ていたら相当のショックだっただろうなと想像が付きます。

また容疑者イェーツの異常性も
前のエピから観ていないと不十分な気がします。
第1部ではベンソンが
第2部ではベンソン、フィン、アマーロ、カリシが関わっているのに
一体どんな合同捜査が行われたのかもわからず
ひたすら欲求不満です!

クロスオーバーが半分しか観られないのはよくあることですが
三分の一しか観られないのはかなり辛い。
しかも最後だけだし。
これってやはり日本でもChicago Fire&Chicago P.D.の放映が必須でしょ。
スパドラかクライムでお願いできませんかね。
またしても痛切に感じたのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そういうことだったんですね。

はじめまして。SVU16の#20はクロスオーバーだったんですね。いきなり後半から始まり、19を見逃してしまったのかとあせりました。シカゴの方たちは#7にも出てきましたが、スピンオフになっているとは知りませんでした。詳しい解説ありがとうございます。いつかシカゴも見てみたいですね。

kabuさん、こんにちは。おいでいただきありがとうございます。
今回のクロスオーバーは全体の三分の一しか観られず、本当に残念でした。
いつものオープニングがなく、前回のあらすじらしきものがちらっと出てきただけで
訳がわからなかったですよね。
いつか是非完全版が観たい!
というわけで、Chicago FireとChicago P.D.の完全放送を
切に希望します。

はあ?って感じでしたね~、
スピンオフなのは想像できましたが。

お話は解決したからいいけど、

でなければ、相当な欲求不満になるところ。
配慮してほしいです~~~~~!

とりあえず理解した振りをしているけど、実はよくわかっていません(汗)
結末を見られるとホッとはできるけど、でもやはり過程をしっかり知りたいですよね。
いつかFireとP.D.をオンエアしてくれる日を!と願っています。