INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S16-#22 「Parents' Nightmare」

8歳のオーウェンは学校で母親のダナの迎えを待っていたが、来たのはシッターのファビアナの代理だと言って現れたカルロスと名乗る男だった。オーウェンは男と面識があったので手をつないで帰ったが、途中で男は強引にオーウェンを車に乗せる。ダナが学校に着いたときはオーウェンの姿はなく、担当者は母が迎えに遅れると父親から電話があったと説明する。しかしダナと離婚した夫のサムは電話していなかった。
ダナは携帯を探したが見つからない。ヨガ教室に忘れてきたようだ。ダナは離婚後、サムがオーウェンのパスポートを管理し、イランに連れて帰るつもりであることを話す。サムが経営するレストランの従業員に、オーウェンを誘拐させた可能性もある。
カリシはヨガ教室へ行って、ダナの携帯を見つける。アマーロはサムの店に行き、サムの携帯の履歴をチェックする。学校の防犯カメラには犯人の姿が映っているが、顔がはっきりしない。一方ダナの携帯には、オーウェンから「ママが迎えに来てくれないと帰れない。」と留守電が残されていた。
道路のカメラに映っていた犯人の車のナンバーを照合したところ、誘拐したのはオーウェンのシッターのファビアナのBFのハビエルだとわかる。ダナはよくハビエルに雑用を頼んでいた。ファビアナからハビエルの住所を聞き出し捜索すると、同居人たちはハビエルが大金が入ると言って出て行ったと伝える。
ハビエルからダナの携帯に連絡があり、オーウェンの身代金として37000ドルを要求してくる。サムが金を工面し、一人で指定された場所に払いに行く事にする。SVUはサムにワイヤーを付けさせ、周囲で監視する。サムが建物に入っていくと通信が途絶えたためSVUは突入しようとするが、サムガオーウェンを連れて出てくる。ハビエルは逃げ出すが、カリシラに取り押さえれらる。
ハビエルは誘拐はダナが計画し、依頼してきたと話す。ベンソンはオーウェンが何か知っていると考え、オーウェンと話すことにする。
オーウェンにはPTSDの兆候は見られたが、性的暴行は受けていなかった。オーウェンはハビエルはファビアナの友達で、うちに来て修理をしていた。ハビエルと学校の話をしていたけど、車の中でママの携帯に電話し、出なかったから代わりに自分がメッセージを残した。ハビエルはママが電話に出るはずなのにと怒ってたが、ママはいつも忘れっぽいと話す。
ハビエルはサムをよく知らないので、ダナに身代金を要求したのかもしれない。しかし誰からサムに財力があることを聞いたのか。ダナはファビアナに離婚のことを話していた。サムがファビアナにシッターの代金を払っていたが、サムはダナに渡すと使ってしまうからだと説明する。ファビアナはサムの懐具合を知っていたのは明らかだ。

ファビアナはSVUの尋問に対し、私は無関係で全く知らない。離婚のせいで勤務時間を減らされたけど、ダナがサムはケチだと文句ばかり言っているのでせいせいしたと話す。ダナは何かあるとすぐにハビエルを呼び、ハビエルはお金のために頼みを聞いていたのだった。
身代金の37000ドルは、サムの財産隠しをダナが訴えた時に金額だった。ハビエルはファビアナは関係なく、身代金の金額はダナが決めた。ダナは手付金の500ドルを払い、学校の連絡先や引き取り方をメールで教え、わざと迎えに送れるようにしてきたと話すが、ダナは容疑を否定、ダナと弁護士の会話をハビエルが盗み聞きしていたと主張する。さらにダナはハビエルに作業代として1000ドル払ったと付け足す。ダナはメールの件も知らなかった。
オーウェンはベンソンやカリシに、ママがいない時たまにパパが来る。パパと一緒に遊ぶと、パパはママに男友達がいないかと聞いてきて、ママの携帯を取り上げメールを見ている。パパが来るとファビアナがバーガーを買ってきてくれると打ち明ける。
ハビエルに、ダナの携帯にファビアナの指紋が付いていたと脅すと、ハビエルはサムにダナに罪をかぶせるよう指示されたと白状する。だがサムを起訴するには証拠が不十分だ。
SVUはダナにワイヤーを付け、サムに警察に疑われていると打ち明けて助けを求めるよう指示する。ダナはサムの店に行って財産隠しの件を責めると、サムはそうしないと店をやっていけないと言い訳する。ダナが自分の心配を始めるとサムは、君は息子を守っていない。迎えに遅れ電話にも出ない。これではオーウェンを守れないと思って、家に様子を見に行っていたと言い出す。本当は30分だけのつもりだった。オーウェンを怖がらせ、見知らぬ人への警戒心を持たせて、ダナに教訓を与えようとした。オーウェンの安全のために考えたことが、こんな大ごとになるとは思わなかった。告白したサムは逮捕され、ダナにオーウェンの監護権が認められる。だがサムの稼ぎで生活していたダナは、とても一人では育てられないと言い始める。ベンソンはダナに、オーウェンのために働けと諭す。

ノアは保育園に入園。タッカーがベンソンに警部補への昇格試験を勧める。ベンソンはフィンを巡査部長にと考える。

お騒がせな誘拐計画。
夫婦の問題にNYPDが振り回されなくても・・・
オーウェンにもう少し警戒心があり、ダナが忘れっぽくなかったら
事件は起きなかったってことでしょうか。
SVUの人達と一緒に振り回された感がありました。

ダナ役の人って見覚えがあると思ったら
その昔CSI:Miamiのラボで分析を行ってたシンシア・ウェルズでした。
ほっさんの手下でしたか・・・

ベンソンが警部補候補に。
順当な出世だと思います。
そんな打診もタッカーの仕事なんですね。
ベンソンが警部補になったら、巡査部長は自動的にフィンですか。
これは年功序列で順当だと思いますけど
なんだかアマーロが不服そうだったよね。
アマーロは今シーズンで降板らしいので
最後に何かやらかすのかな?
ともあれ次回がシーズンファイナルです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント