FC2ブログ

Glee S6-#12 「2009」

Gleeの記念すべき第1話の裏話。
第1話 グリー部の顧問だったサンディが辞めて
元グリー部で優勝経験のあるウィルが顧問を引き継ぐことを決意し
部員を募集します。
そうして集まったレイチェル、カート、メルセデス、アーティ、ティナの5人は練習を始めますが
さらに部員強化のためにウィルはアメフト部に応募の告知に行き
シャワールームで歌っていたフィンを見つけます。
パイロットではフィンがどのような経緯でグリー部に参加することになったのかと
妻テリーの妊娠で、グリー部顧問を引き受けられるのかどうか悩むことになるウィルの立場と
その両方からドラマが進んでいきますが
今回の裏話「2009」ではその他のメンバーたちの思い
5人がいかにしてグリー部に関わっていくか
その決意をそれぞれが明らかにしていく過程が描かれています。
だからパイロットとセットで観ると面白い。
本当に上手くリンクしています。

フィンがいないのは仕方ないとして
ケン田中はいてほしかったなとか
カロフスキーはまだいないはずとか
ささやかなツッコミどころは多数ありました。
メルセデスが聖歌隊で活躍していたのは知らなかった!
(オーディションの曲が違ったのはご愛嬌?)
カートやティナのファッションはそのまま引き継いでましたね。
カフェにブレインがいたのはありえなくもないかも(笑)
さらにエマがウィルを励ますために見せた1993年の大会の映像は
校長がエマに渡していたんだ。
細かい部分もわかってきました。

そしてラストのDon't Stop Believin'は
パイロットのオリジナル映像をそのまま使用。
フィンの歌う姿に思わず涙です。
この曲のチョイスはフィンが幼い頃キャロルと親しくしていた庭師のお兄ちゃんの趣味だったんだよね。
でもこうして歌い継がれてきたことが嬉しい!
Journey復活のきっかけの一つだし。
パイロットでは歌の後ウィルのコメントがあるんですが
今回はスパッと切れていました。

グランドフィナーレの前に、初心に帰らせてもらった感じ。
また初めから見直したくなってきました。
思いがけない感動に感謝!です。
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ