FC2ブログ

Glee D6-#13 「Dreams Come True」

夢は叶えるもの!
Glee正真正銘のファイナル。
素晴らしいエピソードでした。

ニュー・ディレクションズは全国大会で優勝。
マッキンリー高校は芸術高校に生まれ変わり
ウィルが校長になります。
スーもウィルを祝福し、カートとブレインやベッキーと和解して
彼らを称えます。 
部員が増えたニュー・ディレクションズの顧問はサムが引き継ぐことに。
メルセデスはビヨンセの前座に決まり、活躍の場が広がります。

それから5年後
スーは副大統領に。
そこまで出世しましたか。
カートとブレインはハーベイ・ミルク学校(なんと素敵な!)の子供たちと一緒に歌い
レイチェルはジェシーと結婚。でもカートとブレインの代理母になり妊婦状態です。
そんなレイチェルがトニー賞を受賞。
夢は叶えるものなのです。

マッキンリー芸術高校の講堂は
フィン・ハドソン講堂と命名され
最後はオールキャストで大合唱。
劇的なフィナーレとなりました。

今回もいい歌が多かったな。
ウィルがグリー部に捧げたCSNのTeach Your Children
「小さな恋のメロディ」のラストのトロッコでダニエルとメロディが駆け出していく
あのシーンのバックに流れる名曲です。
スーとウィルがデュエットしたABBAのThe Winner Takes It Allも
この二人で歌うことで感動倍増。
そしてThe MonkeesのDaydream Believer
まだGleeでやってなかったんだ。
とっても幸せな気分にさせてもらいました。

今までGleeについて語り続けてきたけど
自分がGleeで得たこと。
まず心から音楽を楽しむことだったと思います。
大好きな曲がカバーされ、新たなバージョンで楽しんだり
Gleeで初めて聞いて、オリジナルを探したりした曲もありました。
Journeyのように、以前はよく聞いていたのに
すっかり縁遠くなってしまったアーティストを
Gleeのおかげで再び聞くようになったのも
まさにGlee効果でした。

もう一つはGleeのテーマとしてずっと貫かれていた
「みんなちがって みんないい」の精神。
一人ひとりが個性を大切にすることと共に
常に弱者の味方であること。
考えさせられる場面がたくさんありました。
人権についてこんなにわかりやすく語ってくれるドラマって
ほかに例がないですよね。
誰もが平等に夢の実現に向けて頑張ることができる!
ラストはいろいろ誇張しすぎだったかもしれないけれど
そういう気持ちが大事なんだと思います。

6シーズンのドラマの他に、サントラを何枚も買ったし
映画館に3Dムービーも観に行ったし
ユニークやジョーが出てきたThe Glee Projectも面白かった。
たっぷり楽しませてもらいました。
See the world not as it is, but as it should be.
ラストの言葉を心に刻んで
Gleeに別れを告げたいと思います。
たくさんの感動をありがとう!!
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ