INDEX    RSS    ADMIN

The Sniffer (Nyukhach) S1-#1,#2

AXNミステリーで一挙放送した「スニファー ウクライナの私立探偵」
観始めたらなかなか面白くて、2話分観終えました。
他にも抱えているドラマが多々あるので途中で止めましたが
これなら最後までOKです。

ウクライナのドラマを初めて視聴するので
ウクライナって政情不安な感じもするし、ドラマってどうなの?と気がかりでしたが
心配無用。
普通に犯罪捜査ドラマでした。
ロシア語なので言葉が一切分からない&読めないのがちょっと辛いけど、
吹き替えにしちゃうとそれこそ普通の犯罪捜査ドラマになってしまうので
字幕で耳慣れない言葉で楽しめてよかったです。

やたらと鼻が利きすぎる私立探偵スニファー。
鼻で事件捜査をするのはレックスですが(犬だから当然だけど)
The Sentinelのジムの五感を生かした捜査の中にも嗅覚が含まれていました。
でも利きすぎる弊害もあって、そのコントロールに相棒のブレアがいましたが
ウクライナのスニファーは自分でコントロール。
そして完璧な科学捜査で成分を言い当て結論に導きます。
ずばりハイテクな鼻探偵!それがスニファーです。

普段はスニファーは警察のお世話になりたくないような依頼を
高額な報酬で請け負っています。
その仕事の請負い方や金持ちぶりは
外科医のラッシュを思い出しましたが
キャラ的にはハウスの方が近いかな?
なんだか偏屈なところに共通点がある気がします。
そして慢性鼻炎アレルギーに悩まされてるし
(効きすぎの弊害?)

スニファーは近代的なビルを所有。
地下の駐車場には自分の車しか止まっていないし
エレベーターで自宅に上がるとそこはラボ。
相当数の臭いの元のサンプルが保存され
立派な分析装置も並んでいます。
スニファーの臭いを嗅いで一瞬で分析結果を出す優れた能力は
分からない臭いにぶち当たったときは即座に科学分析して答えを出しておく
地道な努力に裏付けされていました。
直感じゃない科学捜査に基づく犯罪捜査。
この部分はCSIなんですよね。
しかも一人でやってるのがすごい!

まあ普通の人だとスニファーと一緒にやっていくのは辛いかも。
だけど連邦捜査局のヴィクトルはスニファーのところへ
何かと捜査依頼を持ってきます。
このヴィクトルがスニファーと正反対?の普通のオヤジ。
捜査現場で平気でハンバーガーを食べちゃったりします。
犯人を追い詰めるとき、スニファーが臭いを嗅いで犯人を特定
ヴィクトルが逮捕するという作戦で行くのですが
なかなか計画通りにいかず
ペイントボール大会で、戦いは嫌だ!とスニファーが主張するのに
ゲームに参加しなければならなかったり
狙撃犯を追い詰めるのに、護身のために今度は本物の銃をヴィクトルに渡されたスニファーが
犯人と向かい合う形になって銃を撃つハメにあったり
嗅覚能力の発揮とともに、ほかの形でも犯人逮捕に貢献してしまいます。

こんなすごい鼻探偵でも私生活はトラブル続出。
妻のユーリャとは別居中(離婚してる?)けど
15歳の息子アレクスがマリファナの売人と関わっていて
学校に呼び出されてしまいます。
最初摘発されたマリファナはアレクスのものではないと
臭いで証明しますが
今度はアレクスが自宅に隠し持っていたマリファナをユーリャが隠したために
売人から金を要求されたアレクスはスニファーを頼ってきます。
スニファーも金を渡さなかったら警察から連絡があって
アレクスが売人を殺害した容疑で捕まっていました。
金持ちオヤジの息子に問題あり!
はいかにもなパターンですが
スニファーは偏屈そうだし、ユーリャは厳しそうだし
アレクスも辛いんだよね。きっと。
反抗精神丸出しでした。

ついでにスニファーは動物が苦手です。
猫を抱くハメになったとき大騒ぎしていました。
臭いがキツすぎるのかな。
普段捜査していないときは鼻フィルターをしていて
現場で捜査を始めたり、ラボで分析したりするときフィルターを外します。
繊細すぎるのも大変です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あ、面白かったですか、これ?


最近、中国ドラマの録画を消化するのに忙しくて、ほかのチャンネルは見ていませんでした・汗

再放送を待ちます!

ロシア語なので何を言ってるのかは全くわからなかったけど
それ以外はアメリカドラマとあまり変わらずに楽しめました。
スニファーがなかなか個性的で面白いです。
一挙放送でまとめ録画をしてしまったために消化に手こずってますが
再放送なら1話ずつ観られるかも。
再放送で是非チェックしてみてください。