INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S1-#7 「衰えゆくもの」

ヴェラは嘘をついていたのがバレてしまったことで
かえってマットと親密になります。
マットっていい人そうだけど
Wentworthの看守たちも一癖あるからね。
一方メグを失ってからウィルはドラッグに溺れる生活が続いています。

フランキーが独房から戻ってくることになり
ジャックスと仲間たちは報復を考えています。
トニの一件でジャックス側についているドリーンは
その情報をこっそりビーに伝えます。
ジャックスに髪のセットを頼まれたビーは
あえてジャックスに意見。
レイプだけは止めてほしいと訴えます。

ジャックスがビーの意見を聞き入れるはずがなく
早速手下たちがビーを襲い
顔や頭を殴られたビーは脳震盪を起こして医務室に運ばれます。
ドリーンはその様子を見ていましたが連絡せず
ビーもまたエリカたちに聞かれても、誰がやったか答えません。

自分のせいでビーが襲われたことをドリーンは嘆きますが
ドリーンもそうするしかありませんでした。
フランキーが出てきて、ビーが痛めつけられていることを知ります。

ジャックスはドリーンに、フランキーが一人になったら知らせろと命じます。
ドリーンがフランキーが一人でジムに行ったと伝えると
早速ジャックスと仲間たちがフランキーを襲いに来ますが
ブーマーたちが待ち構えていて逆襲。
ジャックスは手に怪我を負わせられ、フランキーの逆襲は成功します。

ウィルがデビーにビーの怪我のことを伝えたので
デビーが心配して面会にやってきます。
ところがエリカはビーにデビーとの面会の交換条件として
襲った相手の名前を挙げるよう取引してきます。
ビーは口をつぐんだため、デビーはビーに会えませんでした。

刑務所内ではまず自分の身を守ることが先決
こうして家族との絆も薄れていってしまうんですね。
ウィルはようやくメグの遺品を片付けはじめました。
気を取り直して再出発できるかな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント