INDEX    RSS    ADMIN

The Whole Truth #2 「父と娘」

結論から言っちゃうと、今度は弁護側の勝利。
ってことは有罪と無罪が交代にやってくるってことですか?
たまには審理無効なんていうのもあって
上手く引き分けになるのかなと適当に予想。

さらに判決が出たあと真相が暴かれるのもこのドラマも特色かな。
L&Oシリーズではなんともやるせない気分でおしまいになるところが
こちらでははっきりしてしまうのでより怒りが爆発したりして(笑)
今回の車椅子の父親を海に突き落としたとされる娘モニカが裁かれるわけですが
ジミーとキャスリン、それぞれが近親者の証言を聞き、準備を進めていきます。
モニカが虐待しているという噂がある中で
特にジミーが目をつけたのが、シスターになっていた姉のテレサ。
それがBreaking Badのマリーだったので
あの修羅場を見てついに修道院の扉を叩いてしまったのかと
勝手に想像してしまいました。
シスターの証言は共感を呼び、モニカは無罪を勝ち取りますが
モニカは無罪で合ってました。
でもやはり調べ方の詰めが甘いよね。
謎の帽子男がモニカの隣人で、今や恋人だったとは。
事故でない限り、殺人の動機はあるはずです。
調べきれずうやむやになっていることも多いんだろうな。

前回に比べると、法廷での証言にも時間が割かれたし
キャスリンとジミーの最終弁論がしっかり聞けたこともよかったです。
これがないと法廷ドラマじゃないでしょ。
さらに気になったこと。
アレーホはカミングアウトした?みたいなこと言ってましたね。
ゲイのキャラクターを演じるカルロス君はまだ見たことなかったかも。
早く素敵な恋人を紹介してください!
そしてアドバイスがさほど役立ってないエッジですが
ブルースマンなのかな?突然ハーモニカ吹いてました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント