INDEX    RSS    ADMIN

Battle Creek #6 「狙われた朝食」

バトルクリークで毎年恒例の行事、朝食フェアが開催。
さすがケロッグの街ということで、シリアル祭りをするんですね。
ところが式典でシリアルにミルクを注いでお祝いというところで
市長とキャラクターのトムキャットが相次いで撃たれます。
二人は病院に運ばれますが、命に別状はありませんでした。
ラスが銃弾をおっている間に、ミルトはまたもやお得意の最新ソフトで、発砲先を特定。
しかし狙撃者はおらず、銃は遠隔操作されていました。

式典に参加していた人物から怪しい者を見つけ出すため
ミルトの顔認識ソフトが大活躍。
ラスは紙ベースで探してるのに。
いつものようにFBIの最新技術にお世話になりっぱなしです。
やがてドラッグの売人がヒットしますが
その男が病院から市長を誘拐します。
事件発生と再び緊迫感に包まれますが
なんと市長は男たちとドラッグでぶっ飛んでました。
市長自ら誘拐を偽装していて、手元にはオキシコドンとか持ってるし。
お騒がせの市長です。
すると今度はトムキャットに扮していたサムが退院の際に撃たれます。
犯人の狙いは市長ではなくサムだったのかも。

サムのSMSを調べているうちに彼がゲイであることや
彼に恨みを持つものがわかってきます。
SMSで彼を中傷していたJ.J.は
サムに美味しいとこどりをされて恨んでいたものの殺害するつもりはなく。

今度はぶっ飛び市長が病院に運ばれます。
発作を起こした市長の処置が始まりますが
ラスは市長の薬瓶の中身がすり替えられていることを知り
毒殺の疑いがもたれます。

犯人は市長の兄で秘書をしているダレル。
弟ばかりが活躍して鬱陶しいのは確かだよね。
Dr.ハウスのタウブがダレルになっていましたが
彼ってなんだか情けない役多いよね。

ファンクの結婚式場を予約し忘れたフォントは
慌てて式場を探すけど見つからず
ようやく見つけた式場をファンクは却下。
仕方なく希望していた式場で事件が起きたとウソをついて
予約者にキャンセルをさせて予約を入れたところ
そのウソをファンクも信じて、家で式をするから金を返して欲しいと言い出します。
ウソをついちゃいけないですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント