INDEX    RSS    ADMIN

ドラマの”スパイな”つぶやき

戦後70年の節目にAXNミステリーの策略か(多分)
この夏はスパイドラマばかり観ています。

まずはイギリスドラマから。

The Gameは暗く重々しかったけど
裏切り者は誰かが気になりながら先の展開が読めず
かなり面白かったです。
Tom Hughesもクールだったし。
でもミニシリーズだから、これでおしまいですよね。

Cambridge Spiesは2003年の作品だったんですね。
こちらは実在の二重スパイたちがサブタイトル通り美しくて♪
さすがケンブリッジ出身ですから、ハチャメチャなことをしていても品がいい。
Another CountryでRupert Everettが演じたガイ・ベネットのモデルとされるガイ・バージェス
そうとうぶっ飛んでましたが許せます。
アンソニーは王家の親族でしょ。すごいな。
ついでにジョージ6世を演じてたのはブライズヘッドのセバスチャンでした。
ドナルドをRupert Penry-JonesがSpooksやらWhitechapelやらで一番馴染みがあるけど
これまたいかにもお坊ちゃまで、実際にSpooks前だから若い!
最初は頼りなげなキムが最後は一番安定していて
人の運命はわからないなと思いながら
こちらも目の保養込みで楽しませてもらいました。

つづいてカナダドラマのX Company
あと残り1話までたどり着きましたが
スパイたちはどんどん危険にさらされ、心身ともに疲れてきてます。
6話目が衝撃的で
まず重傷を負ったハリーが助かるのかが気がかりで
捕虜として捕らえたナチスの通信兵が
ニールに本当のことを言っているのかが気になり
ニールと1対1で向かい合ったとき、やっぱり真実じゃないかなと思ったけど
あの場面ではニールは選択の余地がなかったし
で、蓋を開けてみれば通信兵の言ったことは真実で
ニールが深く後悔することになります。
一方ハリーに献身的なレジスタンスの看護婦は
本当にいい人だなと思っていたら
こちらが内通者だったとは驚愕でした。
意外性の連続で、スパイドラマは面白い!

さらにスペインドラマの「情熱のシーラ」
モロッコからマドリードに戻ってきたシーラは
仕立て屋を行いながら客の話などからドイツの情報を集め
イギリスに伝えるスパイをやっています。
ほかのドラマに比べるととてもわかりやすい(笑)
しかも単独行動。
かなり危険な任務なのにおせっかいなラテン人?のシーラは
友人が危機に直面しているとスパイ業を忘れかけて手を貸そうとするし
さらに自分の任務までバラしてしまいます。
こんなユルいスパイがいていいのか不安なんですけど
周りの人達もラテンなので情けが通じるんだよね。
緊迫感漂うスパイドラマの後で観ると、ちょっとリラックスできて
結構楽しく観ちゃってます。

さて、Foyleもスパイ度アップということで
ガッツリ楽しみましょう♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「ゲーム」は録画して、まだ見ていませんが、
面白そうなドラマですね。

フォイルは、録画しながら、時々つまみ食いして見ていました。
フォイル、ますます面白い。
サムの旦那さん、中の人が変わったんですね。

ケンブリッジ・スパイは、10年以上前のドラマだったんですね、
どうりで、みんな若いな~と思いながら、見ています。

ケンブリッジファイブと言われた、あとの一人はとうとうわからずじまいとか。
相当な知能戦ですよね~、
こちらも1話しか見ていないので、続きを楽しみにしています。

シーラは・・・、とっくに脱落・苦笑
再放送でもあったら、そのうち見ようかな、くらいです。

ゲームは画面が暗いし重たいし、ケンブリッジ・スパイに比べると美麗度が低いけど
でも観始めるとぐいぐい引き込まれました。
フォイルは月、火の録画なのでのんびり消化中です。
アダムの中の人、突如変わっちゃいましたね。
先にイギリスでS8の3話めを観て、こちらでS7を観てアダムが違うので驚きましたが
やっと同じアダムになりました(苦笑)

シーラはイギリスドラマに慣れてしまうと全く別の世界です。
モロッコの景色が素敵なので頑張って観ていましたが
スペインから今度はポルトガルへ行くのかな。
観光気分でユルすぎるスパイドラマのお付き合いをしています。

X Companyの字幕版の放送が始まったので、追っかけています。まだ#3までですが・・・。#3で、GSG9コニー発見!聞いたことのある声だとおもったら、やっぱりそうでした。。。。「ブリーダー」なんて、いい役じゃなかったけど、まあ、久しぶりに観られたので。。。。

私もX Company字幕版、保存用に録画しています。やっとコニーの生声が聞ける!!
吹替版でもすぐにわかったけど、やはり生が大事ですよね。
役はコニーらしくもあるけど、かなり情けなかった・・・
でもカナダドラマで再会できるとは思ってなかったので嬉しかったです。