INDEX    RSS    ADMIN

Foyle's War S1-#1 「ドイツ人の女」(後編)

NHKでの吹替版フォイル2回目。
前後編に分かれるために、最初に前回のあらすじがつくのは当然ですが
キャスティングのクレジットがもう出ないのは仕方ないですね。残念だけど。

もうストーリーは追いませんが
この人が犯人だろうなと思って観ていると
まあたいてい外れるのはお約束でしょうか。
しかしマイケル・ターナー、やたらと手が早すぎでしょ。
口は上手だったかもしれないけど、そこまで女性がなびくかな?
ちょっと疑問を残しつつ・・・
そしてドイツ人が強制送還され、いよいよ本土でも戦争が現実的になっていきます。

本エピからフォイルの魅力がじわじわ伝わってきますね。
ミルナーを呼び戻すべく気合を入れるために
自ら事件の内容をタイプし、ミルナーの意見を求めます。
警視正自らがタイプすることが大事なんですよね。
人手不足なのが実感できます。
ここまでしてくれては、ミルナーも動くしかないでしょ。
早速的確な意見を述べ、退院し義足をつけて
巡査部長に戻ることを決意します。

アンドリューに対しては優しい父親。
一緒に釣りを楽しみ、空軍に戻るアンドリューにさりげなく小遣いを渡すシーンとかいいよね。
もっと親子の会話を聞きたかったけど、アンドリューはたまにしか帰ってこないから(泣)
次の登場を楽しみにします。

サムの好奇心旺盛ぶりも最初から。
フォイルに頼まれなくても、なかなか鋭い推理をしていきます。
すでにMI-5に入る下地ができてましたか?
でも大事な書類をすぐにフォイルに渡さず
適度に抜けがあるのもサムらしさで好感が持てます。

そういえばフォイルは一生警察にいる宣言をしてましたが
これも嘘となってしまいました。

NHKのHPに第1話を観てのアンケートがあります。
プレゼントはともかく、フォイルの普及活動につながっていくと思いますので
是非答えてくださいませ♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アンケート、回答しましたっ☆

友人たちにも宣伝していますが、みんな気に入ってくれています。
このまま継続するといいな。

吹き替えと字幕は、どっちを先に見るかが、大きな問題ですね。
「ER」や「WAT」は吹き替えのイメージが強かったので、
特に{WAT」のダニーは、地声聞いた時には、「え?」でしたもん・笑

NHKが初めての人には、全く違和感がなかったと思います。

NHKでオンエアしてもらうと、一気に知名度アップするので本当にありがたいです。
NHK総合でもフォイルでのスポットCM観られるし、
このドラマ何?って気にしてもらえますよね。
そしてあまり海外ドラマに縁のない人には、吹替の方がとっつきやすい部分もあるし。

さらにミステリーでは今月末からまたS1再放送始まるんですね。
今まで観ていなかった人や、今度は字幕で観てみたい人向けかな。
うまくNHKとミステリーがコラボしてていいなぁと思います。