INDEX    RSS    ADMIN

The Whole Truth #10 「完璧な証人」

ドン兄の事務所に転がり込んできたのは悪友のケヴィン。
ケヴィンとは「ヘルズ・キッチン」時代、一緒に悪さをしていた仲ですが
ケヴィンにギャングのボスの殺害容疑がかかっていたのでした。
出てくる証拠はケヴィンに不利なものばかり
しかも検察側は、完璧な目撃証人を確保しています。

その証人はボスの姪のリリック。
彼女は自閉症だが直感覚記憶の持ち主で
ちらっと見たものを完璧に記憶して伝えることができます。
リリックはケヴィンの特徴を容姿だけでなく服装まで覚えていて
すらすらと話したので、弁護側には厳しい状況です。

でもそのリリックの能力を逆手に取り
崩していこうとするのがドン兄の作戦でした。
しかしその最中に、ケヴィンのことをよく知っている
ドン兄も行きつけだったバーテンのビリーが撃たれてしまいます。
ビリーがPOIのファスコだったのでビックリ。
なかなかいい味出してたんだもん。

ドン兄が用いたのがギャングの力関係を表した写真。
ボスが死んだあと、あっさり兄がトップの座に座っていましたが
この兄が最近ドラマで何度も登場のバルタン刑事ことAlex Carterでした。
この間のBattle Creekではミルトに脅されて情報提供をしてしまう情けない?捜査官。
NCIS:LAでは怪しげなギリシャ人だったし
今回はギャングの一味ですよ。
善悪はっきりし過ぎ?な役どころをこなしていますが
そろそろバルタン時代のクールな捜査官に戻っていただきたいものです。

こうして裏事情を把握したドン兄は
リリックの証言がかつてケヴィンが捕まった時の服装と全く同じものだったことを確認。
確かに今時ヴァン・ヘイレンのTシャツ着ないよね(苦笑)
証言は無効となってしまいました。
ウザビーもヨガをしながらあれこれ作戦を練っていたのに
今回は無事にドン兄が悪友を助けてめでたしめでたしです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント