INDEX    RSS    ADMIN

NCIS:LA S6-#11 「Humbug」

正しいクリスマスエピでしたね。
やっぱりアメリカドラマのクリスマスエピは、ほっこりした気分になれることが大事です。

LAだから景色は冬にならないけれど
一応みんないつもよりやや厚着?
事件を起こすのもサンタクロースだし。
サイバーセキュリティ会社に忍び込んで盗みを働いたサンタたちの前に
たまたまカレンがお付き合い中のジョエルが通りかかり、危うい目に遭いかけましたが
とりあえずは無事でした。
でもジョエルがカレンのために買ったクリスマスプレゼントの袋の中に
サンタたちはUSBメモリを隠していたのでジョエルが追われることに。
それをわかっていたカレンはジョエルとお家でデートしながら
きっちり応戦準備をしていました。

カレンがジョエルに正体を明かしていなかったとは。
会うときだけジャケット姿で別人モードって
潜入捜査に慣れてるからカレンにとっては問題ないかもしれないけれど
ジョエルは真実を知ったらショックですよね。
今回は予想通りジョエルの家が襲撃に遭い
突然銃をぶっぱなすカレンの姿にジョエルは???状態。
命を救ってもらったことには感謝でしたが、やはり不信感は残ってしまいました。

ここまでの激しい銃撃戦等はいつもどおりの展開でしたが
素敵だったのがラスト。
エリックはネルの実家に連れて行ってもらうことになり
でもこれまた仕事は秘密ってことで記者とカメラマンのコンビに扮していました。
素直に興奮するエリックが可愛くて。
真冬モードのエリックを想像するのは難しいけどね(笑)

ハンナ息子は偉くなって里帰り。
家族そろってのクリスマスが迎えられます。
そしてついにケンジーとディークスが一歩前進!
こっそり旅行計画は立ててたようで、お互い意地を張りつつもいい関係は続いていましたが
今回はケンジーからもっと大胆にという提案が。
もちろんディークスはOK!で公私ともに信頼できるパートナーとして進んでいけそうです。
ところでNCISは職場恋愛大丈夫なのかな?
まあディークスはLAPD所属なので逃げ道はあるか(苦笑)

前回辛い目に遭ったグレンジャーも無事回復。
みんな幸せそうなのにしょんぼりのカレンが気の毒だなと思ったら
新たにジョエルとの一歩を踏み出せそう。
で、ジョエルの質問はカレンのファーストネーム。
Gっていったい何の略?と突如気になるのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント