INDEX    RSS    ADMIN

The Whole Truth #13 「それぞれの未来」

いかにも正しいファイナル。
初めから13話完結にさせるつもりで作られたのかなとさえ感じました。

判事のエレンの誕生パーティーで検事も弁護士たちも一堂に会し
楽しく語り合っています。
法廷では争っていても、実はみんな仲良しなんだよね。
でもドン兄の元妻は新しい恋人のシェフとべったりで、ドン兄は気になって仕方ありません。

ここでドン兄とウザビーが語りだしたのが、二人が初めて法定で対決した5年前の事件。
大学院生のブラッドが恋人を殺害し、有罪は確実に思えたのですが
ブラッドは恋人の元カレに脅されて殺したと主張。
ドン兄が弁護にあたります。
すでにカルロス君とのタッグもお見事で、ひっくり返せる可能性も出てきましたが
ウザビーが証拠ビデオを提出したらブラッドは突如錯乱。
手がつけられなくなってしまいました。
一回閉廷してもらい、再度心神喪失を訴えようと作戦を変えようとしますが
それもなかなか難しく、結局ブラッドは有罪を言い渡されます。
この過程をいつものように、検察側と弁護側の立場から語っていました。

その間にエレンが判事を引退すると言い出し
サイードは自分にチャンスがありと睨みますが
エレンが声をかけてきたのはウザビーでした。
ウザビーは即ドン兄に報告。
サイードには申し訳なかったんですけどね。
でもあとでエレンはこっそりサイードに
もっと上の地位を打診していたのでした。まあ当然でしょう。

カルロス君はオハロランと仲良くパーティーに参加。
ついにおめでた!じゃなくて養子を迎えることになったと幸せ報告です。
するとドン兄は事務所に二人の名前を並べると提案しますが
カルロス君はいきなり気まずい様子。
子育てを考えるとオハロランが働いているDCの方が広い家に住めるし
引越しを考えていたのでした。

ウザビーは判事になり、カルロス君は異動して、ドン兄は孤独?
でもやっぱり気になるのはウザビーのこと。
もしかしたら友達から、一歩先に進めることができるのかもしれません。

あっという間の13話でしたが、とにかく知ってる顔が多くて
今回も精神分析医として偉そうに出てきたのがWhite Collarのモジーだったりして驚きました。
これだけゲストが豪華すぎると、長続きは難しいかも(笑)
肩の力を抜いて楽しめる法廷ドラマでよかったです。
できればカルロス君とオハロランのその後が知りたいけど
幸せに暮らしているということにしておきましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント