INDEX    RSS    ADMIN

Major Crimes S3-#11 「代理母の誤算」

海へ流される手前の排水路の中で女性の遺体が見つかり
重大犯罪課が捜査を始めます。
身元のわからない女性は誤って排水口に落ちて流されたのかと思われましたが
骨折の様子からは他殺と考えられ、しかも彼女は出産したばかりでした。

出産したばかりの女性を探していくうちに身元が判明しますが
その女性ヘザーは代理母として出産していました。
子供の両親のサラとドナルドはショックを受けますが
まだ産まれた赤ちゃんを受け取っていません。
赤ちゃんはどこへ行ったんだ?引き続き捜査が始まります。

ヘザーは胎児の成長の様子を映像などのメールで定期的に知らせていました。
代理母を頼んだ二人はヘザーに家を提供し
出産を待ち焦がれていたのですが、とんでもないことになってしまいます。
さらに映像はほかの夫婦のところにも送られていました。
ひと組は同性婚の男性のカップル。
二人もこどもが無事に産まれるように、多大な支援を行っていました。
そして肝心の赤ちゃんは?
もうひと組の若い夫婦のところにいましたが
ヘザーは結局3組のカップルの代理母を同時進行で行って騙し
大金を受け取っていたのでした。
しかもヘザーの恋人の存在も明らかになってきます。
ということは赤ちゃんはその恋人の子供なのかもしれません。

どんどん状況が複雑になっていく中で
トラブルになって恋人がヘザーを殺害
赤ちゃんの父親は恋人であることもわかります。
しかし恋人は服役しなければならず
赤ちゃんを育てる人がいなくなってしまいます。
実際には3組のカップルが赤ちゃんを待ち望んでいたのですが
結局血のつながりもないし
ではどうするのか、レイダーは彼ら6人に任せたところ
話し合いの結果、サラとドナルドの夫婦が引き取ることになりました。
彼らが一番年上だし、ほかのカップルたちはまだチャンスがあると考えたようです。
とんでもない被害に遭った人たちなのに、すっきりと結論を出すことができてよかった。
ちなみにドナルドは最近どこにでも顔を出す?ヴァルタン刑事でした。
いつも悪役ばかりなので、今度こそヒーロー役を!と待ってましたが
まあ普通のオヤジだったかな。
笑顔で終わることができたからまずまずでしたが
ヒーロー役は次に持ちこしでしょうか。

レイダーがラスティを養子に迎える準備が整い
ラスティが書類にサインするだけになります。
でもラスティは実母に報告していなかったので
面会に行って報告することにしました。
すると相変わらず実母は傲慢な態度を取ってくるので
ラスティの決心も固まります。
その後裁判所で手続きを取り
重大犯罪課の仲間に祝福されながら
ラスティはめでたくレイダーの養子となりました。
本物の家族のスタートです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

レイダー、意外ともめずに離婚できたんですね。
まあ、彼女ににらまれたら、旦那さんだって、何も言えなくなるわな・苦笑

最後の最後まで、ラステイがサインするかどうか、ドキドキしてしまいました。
ペンを持った瞬間、「やっぱり駄目だ」なんて言いだしたら、どうしようかと。

そんなどんでん返しもなく、スムーズに終了してよかった♡

本編のお話のほうも,最近、展開が読めずに面白くなっていますね。
ますますバージョンアップ、上質なドラマです。

メインとなる事件はもちろんのこと、レイダーとラスティの関係がどうなっていくのか気にしながらの今シーズンでした。
いい形で養子に迎えられてよかったけど、ラスティ実母がまた問題を起こさないか、ちょっと気がかりです。
そしていつもラスティを温かく見守ってくれる重大犯罪課ファミリー、
本当に素晴らしい仲間だと思います。