INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order UK S3-#13 「出来心」

本家オリジナルはS20-#2 「甘い誘惑」
やっとルポカタ版本家のリメイクだ!
そしてまたやっちまったルーポを庇わなくてはならないカッターさんという
ルポカタ萌えファンにとってはとても重要なエピの一つでもありました。
というわけでストーリー展開は本家の方で詳しく書きましたので
ここでは比較に専念して。

英国でのルーポの役割はケイシー
カッターさんの役割はソーンとなりますが
ケイシーとソーンの間には特に何もないし(笑)
そもそもソーンはあちこちの女性弁護士に手を出しまくってますから
もうその部分でカッターさんとは違いすぎです。

事件の流れを比較しますと、本家でナイフで刺されていた女性デイジーはCSU職員
英国のケリーもforensic technicianですから同じですが
違うのはタクシー運転手に襲われたと訴えてきたルーシーも
臨時職員で給与担当だとはいえ同業者だったこと。
本家のエマは雑誌社のライターで、デイジーとの接点はありません。
でも二人とも東洋系だったのが共通点となっています。

最初に容疑者として疑われる婚約者。
本家を見返したらデイジーの婚約者ジムが
SVUのカリシだったので今頃びっくりしてしまいました。
ここで製作陣と親しくなってSVUに抜擢されたのかは謎ですが
いかにも軽そうなお兄ちゃんで、ふてくされ顔を
IMDbのエピガイページで拝むことができます。

ということでエマに比べるとルーシーは仲間なので
ケイシーが署内に泊まらせたり、自宅に送ったりすることも
被害者と関わるのは問題だとは言え、理解できる範囲だったのかもしれません。
ルーポに比べればケイシーの方が少しは分別がありましたか。
しかしケイシーも別れた妻には冷たくされてるし
ルーシーの誘惑にあっさり乗ってしまうのは、いかにもありがちな流れです。
ルーポがエマを送っていくところで、アルジェリアやモロッコを旅したことを語りますが
ケイシーは日本を旅した話をするのが英国版の重要ポイントです。

ルーシーが妹が東京にいる話をすると
(この時はまだ妹は病気にされてなかったね。)
ケイシーは日本はいいところだと語り始めます。
警官になりたてだったころ行った日本ですが
新宿で遊んでばかりだったそうです。
(何しに行ったんだ?)
でも鎌倉で大仏を見て、その大きさに感動し
東京もいいところだけど、鎌倉は生活が穏やかで
前にも来たことがあるような気がしたそうです。

ケイシーが日本を称える理由にはさらに続きがあり
津波や地震ですべてが変わってしまったと
実は東日本大震災の被害について
脚本家はケイシーの言葉を借りて視聴者に伝えていたのですね。
鎌倉には津波は来ていないけど、それはともかく
ドラマを通して遠く離れた国の現状を憂い、励ましの言葉をかけてくれた脚本家に感謝するとともに
このエピを観ることができて本当によかったと思いました。

その後の流れはほぼ一緒。
お泊りしてからルーシーの家に通うようになったケイシーは
バスルームでギフトカードで買われた赤いネグリジェを見つけます。
ちなみに英語ではシュミーズ、米語ではベビードールで
こんな違いもあるんですね。
ケイシーはすぐにブルックスに呼び出されたと言ってルーシーの家を出て
本当にブルックスを呼び出して相談しますが
ルーポはお泊りしてから(一応添い寝だけと限定)
翌朝バーナードに告白します。
ルーポの方が強者だ!
そしてボスに怒られ、ワイヤーをつけて自白を引き出そうとしてあまりうまくいかず
強行突破でルーシーを逮捕する展開も一緒でした。

被害者ケリーは婚約者の浮気を疑いラボのロッカーにシーツを持ち込んでいましたが
本家ではウェットティッシュでした。
ずいぶん証拠品が大きくなりました(苦笑)
そこから婚約者とルーシーのDNAを検出。
婚約者はケリーと別れるつもりで、
ルーシーの妹が病気だから共同口座から大金を下ろしてルーシーに払っていました。
するとルーシーは雲隠れ。
実はルーシーは名前を変えて、ほかの男性にも近寄り
妹を病気にさせたり殺してしまったりして、金を要求していました。
それがケリーにバレ、ケリー殺害に至ります。
法廷でソーンはケリー妹を呼び出し、ルーシーのウソを暴きますが
ルーシーは判事さえも誘惑したように見せかけます。
しかしソーンが時系列をきちんと確認してルーシーの有罪を主張し
検察の勝利となりますが
本家ではエマは自分が各種病気になりまくり
カッターさんにやり込められると
今度はカッターさんに助けを求めてきますからね。
エマの方が強烈度大だったかな。

今回はめでたく収まってのシーズンファイナル。
ブルックスにオヤジ面するなと罵声を浴びせたケイシーも
オヤジと仲直りします。
ソーンとフィリップスも祝杯をあげにいくことに。
本家ではラストでのルポカタアイコンタクトがツボでしたが
また違った余韻を楽しませてもらいました。

次シーズン放映はいつなのかな。
SVUも始まらないし、L&O一族が観られなくなるのが
本当に寂しいし、残念です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント