INDEX    RSS    ADMIN

人気海外ドラマの法則21

密林が勧めてくれるままに購入。
手元に届いたところですが、かなり面白そうです。

推薦コメントを読むと「TV業界人全てに向けた究極の『ハウツー』ガイド」と書かれているので
もっと専門的な本なのかなと、正直購入するか悩んでいました。
今更自分がヒットするコンテンツを作るわけないんだし。
著者のニール・ランドーは脚本家、プロデューサーで
数多くのドラマの制作に関わっています。
ますます難しい話なのかなと不安になり
目次を読むと、確かに21の法則が並んでる。
ショーランナー、ミソロジー、ストーリー・エンジン…
あれこれ専門用語も飛び出してきますが
中身を読み始めると、これがすごく納得!!

今まで観てきたドラマ、現在進行中のドラマが
いかにヒットしているのか、その部分がとても細かく、
しかもわかりやすく分析されています。
何もドラマの事を知らなかったら完全に意味不明な本ですが
中身がわかってるだけに面白い。
例えばドラマのシーズンファイナルのお約束「クリフハンガー分析」なんか
お見事ですよ。
すごいクリフハンガーの構成要素はなんだろう。
◎人物の危機
◎時限爆弾
◎さまよう恋心
◎ネタバレ注意
◎登場人物の死
◎秘密の発覚
◎宙ぶらりんの結末
などなど
思い当たる節があるでしょう。
そして結論
「人物の内面の動きから自然に派生したクリフハンガーは最も効果的である。」
と来るわけです。
なるほどね。

そしてとにかく素晴らしいのが
取り扱ってるドラマの数が大量です。
本の帯に書かれているドラマの数に圧倒されますが
全然こんなもんじゃない。
最近のありとあらゆるドラマが網羅されています。

さらに監督、プロデューサー、脚本家などのインタビューも掲載され
より詳しくドラマを掘り下げています。

そんなわけでTV業界人だけでなく
海外ドラマファンにも充分役に立つ一冊だと思います。
ヒット作がどのように生まれてくるのか
専門用語も含めて賢くなれるし
まだ観てない作品について知るためのガイドとしても
とてもよくできています。

グラビアなどは一切なく文字だけですが
海外ドラマファンに是非お勧めしたいです。
しっかり読んで、知識を身につけていこうと思っています。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント