INDEX    RSS    ADMIN

Major Crimes S3-#17 「暴走の報い」

サンチェスが手術を受けた母の家を訪ねに行くと介護士のディノの姿が見えず
母は床に倒れていました。
ディノの留守中何者かが家に侵入したようです。
まもなくディノは母の薬を買ってきたと言って戻ってきますが息は酒臭く
母の部屋から宝石箱が消えています。
サンチェスはディノが強盗を手引きしたと思ってディノを殴りつけ
二人はもみ合いになります。
ダメージを受けたディノは車で自宅に戻り
サンチェスは母を病院に連れていきますが…

サンチェスが自宅に強盗が入ったと伝えたことでプロベンザとタオがディノの自宅を調べに行くと
ディノは頭を鈍器で殴られ死亡していました。
まさか考えられないけれど、第一容疑者はサンチェスです。
レイダーは手順通りサンチェスを取り調べ、内務調査に対応していくことを考えます。
内務調査のステープルスは、サンチェスがキレやすいことを重々承知しているし
サンチェスは容疑者扱いされることに当然不満を感じますが、仕方がありません。
ムッとしながらサンチェスが母の家に戻ると、宝石箱が戻ってきていました。
強盗の線が消えたらますますサンチェスが不利になってしまいます。

幸い宝石箱から前科者のメンドーサの指紋が見つかります。
メンドーサはサンチェスと幼馴染で、サンチェス兄とつるんで悪さをしていました。
サンチェスも苦労してるんですね。
メンドーサは容疑を否定しますが、レイダーは時計がなくなったことにして揺さぶりをかけ
メンドーサの動きを探ることにします。
靴のサイズを調べるために靴を預かった際盗聴器も仕掛けましたが
すぐに令状が降りず使用できません。
しかしメンドーサは署を出たとたん、甥のパブロを脅しにかかります。
パブロも強盗と殺人に絡んでいたのか
パブロを取り調べてから返すとようやく盗聴許可が出ました。
パブロが喋ったことで実態が明らかになります。

取り調べを始めた頃タイムラインに矛盾があり苦労しましたが
母はその後倒れたとたんディノが戻ってきたのではなく
2時間前に倒れていたことを白状します。
サンチェスが介護施設に入れるつもりでいることをすごく嫌がっていて
自分は大丈夫だと嘘をついていたのでした。
事件が解決し、サンチェスはカウンセリングを受けることが決まり
母の家に引っ越してきます。
早速母に振り回されそうですが。

ラスティが帰宅するとすっかり酔っ払ったジャックが来ていました。
大儲けしてご機嫌の様子ですが、家族にとっては大問題です。
ラスティは車のキーを取り上げるとレイダーに報告し、レイダーは捜査をみんなに任せて帰宅します。
するとラスティは自分が面倒を見ると言い出します。
ラスティにとっては酔っ払った男の世話は日常茶飯事だったようで
対応の仕方をよくわかっていました。
翌朝正気に戻ったジャックに、ラスティはしっかりと自分の考えを話します。
ラスティの方がずっと大人じゃないですか。
ジャックはレイダーに謝るために署に行きますが
レイダーは受け入れようとしません。
断酒会に行くと宣言したけど、どうなることだか。
本当にそろそろしっかりしてほしいな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント