INDEX    RSS    ADMIN

Scandal S4-#10 「囚われの部屋」

いつもホワイトハウスがこんな状態では本当に困るよなと思いつつ
ぼんやりと見ているScandalですが
今回は夢中になって見入ってしまいました。
監禁されたオリヴィアの恐怖や孤独との闘い。
そしてまさかの結末。
面白かったです。

自宅でジェイクとすっかりいい気分で踊っていたオリヴィアが
ジェイクがちょっと離れた隙にさらわれてしまいます。
連れ出された先は隣のロイスの家。
複数犯による用意周到な計画には恐れ入りましたが
各種事件に完全と立ち向かっているオリヴィアやジェイクに
こんな抜けがあったのがショックです。
しかもジェイクはすっかり騙され
パンツ一丁で表に出る始末。

誘拐犯にオリヴィアは抵抗しますが薬を打たれて意識を失い
気づいたら薄汚く何もない部屋に監禁されていました。
同じ部屋にはイアンという記者が監禁されており
オリヴィアはイアンにここから逃げることは無理だと言われます。
それでもオリヴィアはなんとか逃げ出せないか考えます。
トイレに行くために廊下に出た時に見える赤いドアを開ければきっと出られる。
しかしドアを開ける方法がありません。
5分間という約束で入ったトイレを見回すと、高いところに窓がついていました。
鍵を開ければチャンスがあるかも。
オリヴィアはブラジャーのワイヤーを細工して鍵をこじ開けようとしますが
見つかってしまいます。
そして窓は封鎖されてしまいました。

オリヴィアはイアンと打ち解け、自分の置かれている状況を話し出します。
イアンは前に監禁されていた者が射殺されたことを伝えます。
脱走を試み失敗したオリヴィアですが、彼女が始末されることはなく
罰としてイアンが連れ出され、すぐに銃声が聞こえます。
オリヴィアはショックで生きる気力を失いますが
夢の中でアビーが気合を入れてきます。

オリヴィアはトイレで再度チャンスを得ます。
洗面台の下の鉄パイプをはずして出ると
一人目の監禁犯を殴って倒し、銃と鍵を奪います。
そして赤い扉に向かって走っていくと、次の監禁犯が待ち伏せていますが
脅しにも負けずに撃ち殺してさらに前に進みます。
扉まで大して距離がないと思うけど、オリヴィアはずっと走り続けていたのは
それだけ出口まで遠く感じていたんだね。
3つの鍵をようやく開けて外に出たら…

ここはどこ?
だだっ広い部屋にはスクリーンがあり
射殺されたはずのイアンが立っていました。
全てはイアンがオリヴィアから情報を得るために仕組んだ監禁劇だったわけですが
手が込み過ぎというか、犠牲者多すぎというか
そこまでやる必要あるんですかね。
オリヴィアと一緒にハラハラしながら見ていただけに
まさかの結末に呆気にとられましたが
次週ではこれが国家を揺るがす問題に発展するようで
またいつものように本当に困るScandalになるのでしょう。
ともあれ予期せぬ展開を楽しませてもらいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント