INDEX    RSS    ADMIN

Under the Dome S3-#10 「疑惑」

Sci-fiが苦手な理由の一つは置かれた状況が理解できないからで
深く考えずに観ればいいのかもしれないけれど
やっぱりあり得ないでしょ!と思い始めるとリタイア一直線になってしまうんですが
それでもStephen King原作のドラマは登場人物が魅力的なので
かなり頑張って観てしまいます。
今回のUnder the Domeもしかり。
もうファイナルに向けて残り少なくなっていますが、順調に観ています。

とはいえストーリーが面白いと思ったのはS1くらいかな。
ドームに閉ざされた世界で、人間はどうやって生きていくのか
これはシビアな問題だったんですけど
閉ざされているはずなのに大人の事情で?どんどん新たな人物が入ってきちゃうし
入れるんならさっさと出ようよとツッコミたくなるんですよね。
でもまあS2は我慢できたけど
繭に入っちゃったり、洗脳されて同胞になっちゃったり
アメジストにパワーがあるとも思えないし
(ブラジルではお土産屋さんによく売ってました)
本当にどうでもよくなってきました。
食料がないといって家畜の飼料(だっけ)を食べてる割には
みなさん本当にお元気だし。

なんて文句を言いつつここまで来れたのは
まさにキャストのおかげです。
S2で現れたCSI:NYのドンちゃんは
サムという名でさらにヘロヘロに。
大丈夫かと思っていたら
今シーズンはCSI本家キャサリンがクリスティンとなって
ドーム内を引っ掻き回しにやってきました。
何を血迷ったのか?悩殺パワー全開で
ジュニアのみならずドンちゃんまで洗脳されてしまうとは。
せっかくのCSIシリーズ共演なのに
グリッソムやマックが見たら嘆くだろうなと
二人の絡みを観ていたら笑いが止まらなくて!

すると今度はERまでやってきてまたビックリ。
これまた何やってるかわからないアクタイオン社
(自分が理解できていないだけかもしれないけど)から
ベントン先生がやってきました。
ER時代に比べるとさらに巨大化した感じ。
それだけでもなんだか不思議なのに
病院で拘束されていてベントン先生が助けようとしているのが
ロケット・ロマノだったのでまたビックリ。
こんなところでERごっこですか??
しかもベントン先生はロマノを見捨ててる(当然です!)
ロケット・ロマノは本当にご迷惑だったからすごくわかる気がして
また笑ってしまいました。

というわけで完全に勘違いしながら
コメディドラマとして観ているUnder the Domeですが
ジョーとノリーの必死な戦いには声援を送りたいし
Breaking Badでのハンクの失敗に懲りて成長した?ビッグ・ジムの頑張りにも注目だし
ファイナルに向けてますます楽しませてもらいましょう♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント