INDEX    RSS    ADMIN

Major Crimes S3-#19 「Special Master:Part 2」

テイラーは記者会見を開いて事件を報告。
フリッツやらマクギニスやらも巻き込んで
大掛かりの捜査が始まりました。

火災現場から危うく逃げ出した重大犯罪課メンバーは
バズが命懸けで撮ったビデオを分析。
放火犯が謎ながらストローとの関連を調べるために
ストローがラスティに語った言葉を思い起こします。
そのうち♂マークは男ではなくて火星を意味することが分かり
一連の事件は星の周期に関わっているのではと考え
ライダーは不本意ながら占星術師に教えを請うことにします。
するとタオが呼んできた占星術師の分析がお見事で
火星と海王星が合った時期を確かめていったら
過去の放火殺人事件の遭った日とぴったり一致するんですよね。
これは星の教えによるものです。

さらに多数の事件現場の示された地図を見ていた占星術師は
次の事件現場を予測。
早速重大犯罪課は次の現場と思われる空家を探しに行きます。
ターゲットの家は見つかったけど収穫は♂マークだけでした。

その頃ストローは放火犯について話すことで
刑の軽減を約束する取引の書面にサインしようとしますが
いつものように判事の前でペンを落とし
判事にペンを拾わせる隙に判事を襲います。
用意周到な計画は成功し、ストローは手錠を外すと
ランニングをしながら裁判所から抜け出します。
ライダー達が判事の部屋に入ったときは既に遅く
判事は倒れ、壁にストローのメッセージが書かれていました。
そのメッセージは放火犯を指摘しています。

放火犯は若い頃罪を犯したときストローに弁護をしてもらっていました。
ストローを敬愛し、星の教えに従って娼婦を殺害し続けていたのです。
またしても占星術師のアドバイスを活かして放火犯の居場所を突き止め
重大犯罪課は放火犯を捕らえに行きます。
隠れ家に潜んでいた放火犯は逃げ出そうとして屋根から飛び降りたら
それがサンチェスの目の前でした。
またもやサンチェスの怒り爆発でパンチ炸裂。
ちゃんとカウンセリング行ってるのかな?

一方フリッツらはショッピングモールに入って銃を購入しようとするストローの情報を得てモールを包囲し
客に交じってバスに乗り込もうとするストローを捕らえますが
それはストローに金で雇われた別人でした。
ストローは上手く逃げ出します。

ラスティがストローのターゲットになるのは明らかなので
レイダーはラスティに警護を付け、署に泊まらせます。
ストローが逃亡した今、ラスティが危険な事実は変わりませんが
ストローがわざわざ自分を追いには来ないだろうと
ラスティは大学に戻ることをレイダーに願い出ます。
確かにラスティの言うとおりです。

ちょっとすっきりしないものの、一応ほっと一息。
フリンが何気にレイダーを気遣う姿もそのままで
いい関係が続いてますね。
次シーズンはどんな形でスタートするのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント