INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S2-#2 「譲れない思い」

自分の目標をデビーの仇を取るため
ブライデンへリベンジすると決めたビーは
離婚届へのサインを要求してきたハリーに
ブライデンを始末したらサインをすると交換条件を出します。
そしてハリーをブライデンと会わせるお膳立てをしますが
ハリーは凶器を握ったものの、それ以上手を出せません。
計画が失敗に終わるとビーはカウンセリングで話したことを思い出し
ハリーを罵って奮起させます。
今度はブライデンの職場に夜放火する計画。
これはうまくいったんですが、たまたまブライデンは外出していて
閉じ込められた従業員が焼死しただけでした。
ブライデンと仲間はハリーの仕業と考え
彼を捕まえて痛めつけます。
結局ビーの目標は達せられないままです。

ドリーンは菜園を作るために
物置を直したり、土壌の改良を行いたいとファーガソンに頼みます。
するとファーガソンは男子刑務所から
役立ちそうな囚人を数名調達してくれました。
女性陣は大喜び。
ドリーンは大工見習いだったというナッシュと親しくなり
いろいろ手伝ってもらいます。
雨どいを外したら鳥の巣が出てきて
二人でひなをかわがったり。
ふたりの関係、なかなかいい感じです。

新しく入ってきた韓国人のスヨンは英語が喋れず
キムが通訳に入ります。
するとスヨンは飲み込んで運んだヘロインの袋が体内に残っていると説明。
フランキーはヘロインを手に入れようとして
スヨンに油を飲ませて排泄させようとしますがうまくいきません。
スヨンの体調はどんどん悪化しますが、フランキーは医務室に連れて行くことを拒否してリズと対立。
そのうちスヨンはオーバードーズで死んでしまいます。
リズはリーダーのあり方についてフランキーを責めます。

スカイが自傷行為を起こしてパニックになり
ウィルとフレッチが抑えますが、スプレーの使い方で意見が対立。
ファーガソンは勤務終了後にヴェラに「一杯飲もう。」と誘い
自分は酔ったふりをしながら、ヴェラに絶対的な信頼を寄せ
すっかり酔っ払ってしまったヴェラはいい気になって
メグとフレッチの関係を喋ってしまいました。
ファーガソンの情報収集能力ってすごい!
ウェントワースがどんどん変わっていきそうな気がするけど、どうでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント