INDEX    RSS    ADMIN

Crossing Lines S3-#5 「恐怖のウィルス」

クロアチアのリゾート地、ヴィス島に新婚旅行に来たスペイン人夫婦が
波止場で腹から血を流した男がフラフラ歩いているのを見つけます。
夫は医者なので、すぐ男に駆け寄って傷の具合を見ると救急車を要請。
着いた救急車に一緒に乗っていきます。

夫からちっとも連絡がないので、妻は島に一つしかない病院に行ってみますが
救急車の搬送はなかったと相手にされません。
妻が不審に思っているとマルコが現れ
内密にして欲しいと約束して妻を別の場所に連れて行きます。
腹を刺された男はギャングの一味でCLVというウィルスに感染しており死亡。
手当をした夫も隔離し、感染していないか検査が必要だったのです。
さらに男を刺した相手も感染している可能性が高く
早く捕まえないとウィルスを撒き散らしている恐れがあります。
ICCは犯人を捕まえるために動き始めます。

波止場に設置されていた防犯カメラでは
刺された男は船に乗って現れ
もうひとりの男と待ち合わせ、刺される様子が映っていました。
麻薬の取引で金の受け渡しを行っていた?
さらにそばに目撃者がいたことも確認されます。
目撃者の漁師を尋ねて話を聞くと、
船に積んでいた大きなフォークが凶器だったことがわかります。
相手はその場で武器を調達したようで、ギャングではなさそうです。
フォークに残った指紋を調べると、島に移住したイギリス人のナイジェルだと判明します。
ナイジェルは大金を下ろしていました。

マルコとカリーンはナイジェルの家を尋ねると
妻のエヴェリンは何かを隠しているようで様子が変。
二人が問いただすと、息子のピーターが誘拐され
身代金の受け渡しの要求と
警察に知らせたら息子を殺すと脅迫されていました。
ナイジェルはピーターを取り返すために
身代金を持っていったのでした。
でも船着場にピーターが来ていなかったので
相手の男を刺したのでしょう。
その時ナイジェルは男の体液を浴び
その後、犯人に連絡を取ろうとするけれど取れず
そのうち発症してフラフラになっていきます。

帽子をかぶり咳をしながらフラフラしているナイジェルが
床屋に行ってヒゲを剃ったところで「あれ??」
なんとミルナーじゃないですか。
あまりの変装ぶりに気づきませんでした。
しかも最近のミルナーは日本語しか喋ってなかったから(爆!)
とわかったところで息子を救うために心身ともにボロボロになっているミルナーを応援。
どんどん病状は悪化しています。

ギャングに捕らえられたピーターですが
一味の中に優しい男がいて
お菓子やジュースを分けてくれました。
あまり怖い思いをしなかったのが幸いです。
ナイジェルとギャングの連絡が取れ
ICCが同行しますが、ナイジェルは自力で頑張ります。
朦朧とする中で電話でピーターとも会話。
ICCが隠れ家に踏み込み、ピーターを取り戻し
ピーターはもう一度父に話しかけますが
返事はありませんでした。
あんまりだ・・・

そういえばShetlandでは
ミルナーは焼死体で発見されたっけ。
今度は血を吐いて死亡ですよ。
どうしてこんな役ばかり?
でもご安心ください。
フォイルではこれから鉄人化しますので・・・笑
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シーズン2までの内容では、続けてみようという気にならなかったのですが、
ここでがろとさんのレポートを読んでいたら、
そそられて、昨日の一挙放送を録画して、見てみました。

なかなか面白くなっているじゃありませんか!
製作スタッフが変わったのかなあ、
まえはちょっとまだるっこしいところがあったのに、スピーデイになっていて、
これならまた見てみたい、と思わせてくれました。

ミルナー・・・、
いつの間にか男の子のパパに(違)、
哀しい終わり方でしたけど、ママも無事だったし、彼も強く育つでしょう、
パパの子ですもの!

そして、いつの間にか忘れられてしまった医者の新婚カップルは・・・?w

S3でメンバーが相当変わり、若干アメリカドラマ的になったかな?
ER組のふたりの影響が大きいかもしれませんが。
事件も各種とり混ぜていて興味深いです。

そして痛すぎるミルナー。
悲惨だったでしょ。
フォイルの世界から離れると、セルフリッジではモテモテでしたが
あとは不幸の連続です。
息子のために最期まで頑張ったパパとして、印象づけられるとは思いますが。

慰謝の新婚カップルはとりあえず無事でよかった!ってことなのかな。