INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S2-#6 「ピンクドラゴン」

スカイが密売されたドラッグでフラフラになり
屋上から落ちそうになったところを助けられます。
リズはドラッグの蔓延を恐れ
近々「ピンクドラゴン」というドラッグが入ってくることをファーガソンに伝えますが
入手ルートについては口をつぐみます。

シモーンは夫にビーを早く殺害するよう命ぜられますが
ビーに救われ、親身になってもらっているので躊躇しています。
ファーガソンはシモーンが頻繁に夫と面会していることから
ドラッグのルートについて疑い始めます。
娘を守りたいシモーンは殺し屋に連絡しようとしますが
ヴェラが番号のメモを見つけ、ファーガソンが繋がらないようにしてしまったため
シモーンは電話ができず苛立ちます。
トイレで暴れ、割れたタイルのかけらを持ち、菜園で作業をしているビーを襲おうとしますができず。
ファーガソンは監視カメラでその様子をチェックしていました。

男性囚人たちが作業に来て
ナッシュやドリーンたちは怪我した鳥が元気になったのを喜びます。
その間にベイツはフランキーにタバコやチョコなどと一緒にピンクドラゴンを渡し
金とともに見返りを求め、フランキーをレイプしようとします。
だがフランキーが抵抗してベイツを怪我させたためフランキーは独房行きに。
男子囚人との交流も止められ、ナッシュとフランキーは別れを惜しみます。
菜園での騒動の間に、ブーマーは小屋の隠し場所からピンクドラゴン等を回収し
自分の房に隠したことをリズに話します。
リズはブーマーのいない間にこっそりチェックしファーガソンに報告。
ヴェラも小屋の隠し場所を発見します。
そして強制捜査が入ってピンクドラゴンは取り上げられ
ブーマーも独房に送られます。

自暴自棄になったシモーヌはフランキーからドラッグと注射器を買って打ち
意識を失っていたところをビーに発見されます。
自殺未遂とも疑われたシモーヌにビーは強く生きろと叱責。
ついにシモーヌは覚悟を決めます。
シモーヌはリズの炊事用ビニール手袋を盗むと
ビーがシャワーに行っている間に房に細工を行い
ドアを開けて入ると感電するように仕掛けました。

ビーはドアを開けると床が濡れているのが気になりましたが
次に気づいたのはオーバードーズ状態のシモーヌでした。
いったい何が起きたのか。
ファーガソンは全てを知っていました。
シモーヌは細工をする前に薬を飲まされましたが
それはヴェラが自宅で母親の介護をしているときファーガソンが夕食を持って訪れ
こっそり入手していた薬でした。
そして感電の仕掛けを解除すると、シモーヌがオーバードーズになるように仕向けます。
ファーガソンの企みは何を意図するのか。
ビーを救ったのは訳があるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント