INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S2-#5 「濃霧の夜」

霧のひどい夜、チャベスは休憩室でみんなを集めてヨガのポーズを披露。

ほっさんの呪縛が解け、マジックマイクで調子に乗ってる?デルコが脱ぎまくりで(笑)
今週のEmpireではクッキーを誘惑していましたが
脱いだ背中にカウボーイのマークが彫られているところがポイントでした。
でもヨガするのに脱ぐ必要はないだろう!!
これは見せたくてたまらないんでしょうね。みなさんのウケ具合は微妙でしたが。

すると鉄砲水の被害にあったアビーとブレイクの兄妹が運ばれてきます。
アビーは骨盤を骨折していてすぐに手術が必要。
低体温症のブレイクは安定しているように思えましたが急変します。
アビーの手術はチャベスの指導のもとでクリスタが担当。
駆けつけた母親に安心させて執刀しますが
動脈が切れてかなり危険な状態に陥ります。
でもさすがのチャベスはピンチを切り抜けました。
チャベスマジックに圧倒されているクリスタは
チャベスが9歳の息子をガンで失ったことを知ります。
そんなこともあったんだ。
ブレイクはトファーとドリューが担当しますが
トファーはイライラしたり、怒鳴り散らしたりして落ち着きません。
ドリューが不審がると、トファーは戦地での救命活動のトラウマが蘇っていたことを明かします。
戦地でトファーが命を救った男は、すぐに自白させるための拷問にかけられたのでした。
納得できなくても、軍では上の命令に従わなければならない。
それはどうにもなりません。

TCとジョーダン、ポールは捜索救助の講習を受けたあと
視界が悪い帰り道で車が立ち往生してしまいます。
崖の下を見たらトラックが横転していました。
運転手は死亡。
荷台から声がするので開けてみると、ラテン系の若者たちが飛び出していきました。
乗っていたのは人身売買の被害者たちでした。
怪我をしていなかったアナは意識のないカルラを心配します。
オスカーは大丈夫そうですが、ヘクターはすぐに治療が必要です。
ところが霧が濃くて救急車もヘリコプターも要請できません。
3人は近くの店まで彼らを連れて行き、その場にある物で救命処置を始めました。
するとアナが、ヘクターは人身売買業者コヨーテの一員だと言い始めます。
悪党の命を助けるのかとアナは文句を言い、ジョーダンも迷いを感じますが
医者は患者を選べないとTCは処置を続けます。
そのうち輸血が必要になってきて、ヘクターの血痕と3人の血液を混ぜて
TCの血液型が一致することがわかり
TCはその場で自分の血液を輸血し始めます。
その間にオスカーが急変して死亡。
ポールは見抜けなかったことで落ち込みますが、仕方ないことです。
TCはだんだん意識が薄らいできますが、意地でも輸血をやめようとしません。
ようやくヘリコプターが到着することになり
カルラの意識が戻りました。
するとカルラは、コヨーテはアナだと言い出します。
いつの間にかアナは姿を消していました。
オスカーの急変も、隙を見てアナがドラッグを打っていたためでした。
TCの行った処置も正しかった。
これが医者の取るべき姿なんですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント