INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S17-#1 「切断魔」

 海岸で右腕が切断された水死体が発見される。イェーツが9体遺体を埋めた場所であり、彼の犯行か、または模倣犯だと思われる。検視を担当したラドニックは、被害者は20代後半で頭蓋骨を骨折しており、緑色のマニキュアが塗られ、レイプされた跡がある。犯人は医学の知識があるとイェーツの犯行との共通点を指摘する。
 ロリンズが収監中のイェーツと面会すると、犯人は自分を真似ただけだ。赤毛を相手にするとは許しがたいし、遺体の切断は野蛮だと不満を述べる。
 遺体は売春婦と思われたが、身元を調べるとブルック・グローブズ 28歳で、郡に所属していたことがわかる。ブルックの家を訪ねると本人が出てきて、双子の妹レイチェルの存在を伝える。レイチェルは酒やドラッグに溺れ、ハイのまま助けを求めてきたことがあった。レイチェルは救済施設に来ていたが、4月15日に母親と思われる年配の女性と出て行った。しかしブルックは母親は亡くなっていると説明する。
 ロリンズが再度イェーツに尋ねると、研修医時代、指導医だった医師の傷の手当てをしたことがあるが、指導医は女性と激しくヤリ過ぎたと説明、その場に相手の女性がいるように感じ恐怖の匂いがしたと話し出す。イェーツが教えたハーレムの家を捜索すると、壁に遺体が埋まっていることが判明、壁をはがしてスーツケースを取り出すと、中からミイラ化した女性の遺体が出てきた。ラドリックは遺体は25歳くらいの赤毛の女性で、細かく刻まれて電気コードで縛られ絞殺された。殺害後10年以上経っているが、イェーツと手口が一緒で医療のプロの犯行であると説明する。
 イェーツに被害者の写真を見せると、女性も殺した奴も知り合いだと言い出す。だが情報提供の代わりに婚約者のスージーに会わせて欲しいと取引を持ち出す。ベンソンは取引に応じてイェーツとスージーを面会させる。その後スージーは、イェーツはハメられたと話す。壁から見つかった遺体はスイスからの留学生のレナで、相手は婚約者のカールだった。イェーツはカールはレナを拷問して生きたまま壁に隠していた。カールとは監察医長補佐のカール・ラドニックのことだった。

 レナという女性は実在し、2002年に姿を消していた。スージーはSVUにレナたちの写真を見せる。2002年2月、レナはスイスに帰っていたが、レナとイェーツ、ラドニックが親しかったのは明らかだ。2002年、ハーレムの家の家主はマノンだったが、彼女はラドニックの大おばにあたる。ラドニックはレナの死から13年後、自分の婚約者を検視したことになる。
 ベンソンはワーナーに検視のやり直しを依頼する。するとレイチェルの死亡時期は4月ではなく5月で、生きたまま切断されたとラドニックの検視のミスを指摘する。ラドニックは仕事の虫で、残業代ももらわずに数多くの検視を手がけていた。
 レナは2002年にスイスに出国した記録が残っていた。しかしラドニックもパリへ行っており、女装してレナのパスポートで出国し、自分のパスポートで戻ってきていた。バーバとベンソンはラドニックの事情聴取を始める。その間ラドニックの自宅捜査を行い、女性の衣類やカツラを多数見つける。ラドニックは逮捕される。
 リタがラドニックの担当弁護士になり、罪状認否では200万ドルで保釈となる。その直後スージーと連絡が取れなくなる。自宅には血痕が残っており、スージーの切断された遺体が海岸で見つかる。

ようやくS17がスタート。
いきなり恐ろしすぎる話にぞっとしました。
イェーツの事件はこちら
Chicago FireやChicago P.D.とのクロスオーバーのため詳細がよくわからないのですが
ここまで引きずり続けるのだから、影響力の大きい事件でした。
さらに身内がシリアルキラーだったとは。
殺害された跡がまるでハンニバルで
まさか肉を調理はしていないと思いますが(汗)
最初がスタッフの一員として検視を行っていたラドリック。
S16にも4回ほど顔を出し、普通に検視をしたり、法廷で証言したりしていました。
ジョニーDの事件やデス妻ブリー登場の事件など。
検察側がシリアルキラーに証言させていたことがわかったら
判決がくつがえったりしないのかな。
過去に遡って不安を感じます。
身内が事件を起こした例は長いSVUの歴史にいくつかありましたが
Shamelessのミッキーが鑑識で雇われて
オハロランを殺害したのがショックでした。
しかし今回は尋常じゃないです。

ロリンズの話ではアマーロはリハビリしながら
公園警察の職に就いたとか。
また顔を見せてもらえることがあるといいけれど。
チームのメンバーが一人減り、忙しくなってしまいました。
助っ人は来ないのかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント