INDEX    RSS    ADMIN

Borgen S3-#3 「党の理念」

政党名も決まり、いよいよ本格的にスタート
新民主党本部は人であふれかえっていました。
いつの間にこんなに支持者が増えたの?
でもまだ党の路線が定まってないので
支持者たちはみんな思い思いに、自己主張していきます。
ビアギッテやカトリーネは会議を開きたくてもそのスペースがなく
物置部屋で話す始末。
党には運営資金もありません。
するとヤンがスポンサーの男性を見つけてきますが
お金をもらってしまうと、その男性の望む方向に
路線を変更していかなければならないし
それは避けなければなりません。
ビアギッテは寄付も一旦白紙に戻すために
フリップに借金を願い出ます。

TV1での討論番組に党から代表者を出すことになり
新デンマーク人というテーマにふさわしくイスラム系の女性を選ぶことにしますが
候補に挙がった女性はヒジャブをかぶったままだったので候補から外されます。
一方TV1ではカトリーネに代わるキャスターとして
パキスタンからの移民女性が参加、
指摘も鋭く番組をまとめ、スタッフから高評価を得ます。
ところがボスのアレクサンダー(でいいのかな?デンマーク人の名前が覚えられません・・・)が
トーベンに向けて彼女のケチをつけてきます。
仕方なくトーベンはアレクサンダーの言葉をそのままスタッフに返してパキスタン女性を解雇したら
今度はスタッフが怒りだしてトーベンに対する抗議をアレクサンダーに提出しました。
完全にアレクサンダーに振り回されているトーベン。
自分の信念を貫けば信じてもらえたのに。

そのパキスタン女性が、今度は討論会の新民主党の代表の候補になりますが
やっぱり発想が過激。
結局ニーテ(だっけ?みんなが指摘しなくても胸の露出とミニスカートは気になります)が出演し
しっかり党の理念を語ってくれました。

ビアギッテはついに決心し、支持者たちをお引き取り願い
自分たちで党の方針をまとめていくことにします。

母親の援助を断ったカトリーネはカスパーと交代でグスタフを育てなければならず
カスパーも協力的です。
でもグスタフがカスパーの家にいるとき、寝てしまったカスパーの髪をチョキチョキし始め
カスパーはスキンヘッドにせざるを得なくなってしまいました。
グスタフを連れてきたカスパーがそのままカトリーネの家に泊まっていくことも。
カトリーネはカスパーとの距離の縮まりを感じていましたが
カスパーは二人が一緒のところをグスタフに見せたくないと言い出します。
グスタフが中耳炎になりカトリーネは心配しますがカスパーはそっけなく
カトリーネがカスパーの家を訪れると女性の気配が有り
カトリーネはショックを受けます。

カスパーも今までと比べると家賃が高そうな家に越しましたね。
大統領のスピンドクター時代より高給取りなのかな。
ビアギッテは高層マンションから古いアパート?にお引越し。
マグヌスは不満そうですが。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント