INDEX    RSS    ADMIN

The Coroner S1-#1 「初恋」

百花繚乱シリーズの続きはイギリスドラマ「検視法廷」
検視+法廷シーンが楽しめるドラマかなと思ったら
ちょっと様子が違いました。

デヴォン州の南にある海岸沿いの小さな町。
コーンウォールなどが近いようですが、
この町に元弁護士で検視官のジェーン・ケネディーが
ティーンエイジャーの娘ベスとともに戻ってきます。
彼女の仕事は町で発見された死体が
自殺か他殺かあるいは事故なのか、検視をして見極め
最終的に法廷に持ち込むことのようです。
だから法廷ファッションの日もあるんですけど
残念ながらヅラはかぶらないらしい。
というか法廷の扉を開く前に、ドラマが終わってしまいました。
大好きな法廷シーンが見られないのはがっかりです。

じゃあジェーンは何をするのかというと
検視以外では刑事の仕事と変わりない?
というのも小さな町では刑事がたくさんいるわけでもないし
事件の担当を行うディヴィー・ヒギンスとコンビを組んで
必要とあらば関係者に聞き込みを行ったり
証拠を細かくチェックしたりして
解決に導いていきます。
しかもディヴィーはジェーンの元彼だそうで
今はお互い家庭を持っていますが
気心がしれたいいパートナーなのかなと思います。

最初の事件はベスと同世代の少年の死体が灯台の下で見つかり
ベスも多少事件に関わることになりますが
事件と並行してジェーンの家庭の様子なども描かれていくのかな。
都会から離れてややゆったりしたペースで
でもBroadchurchのように不可解な状態が続くのでもなく
1話完結でドラマは進んでいくようです。
でもそんなに死体の多い田舎町って不気味ですよね。
戦争中のヘイスティングスならそれなりに理解できたけど。

ということでこの先疑問は多々あるのですが
イギリスの風景が楽しめるので観ていこうかなと思っています。
本放送は6月からです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント