INDEX    RSS    ADMIN

Borgen S3-#7 「失墜」

ヘセルボー首相の唱える経済政策に新民主党が賛同せずにいると
首相は突如総選挙を行うと言い出します。
各政党は準備に大忙し。
テレビ局も総選挙に向けて緊急に特番を組むことになります。

ビアギッテは毎朝放射線治療を受けてから出勤していましたが
そのことを党のメンバーにも子供たちにも伝えていません。
子供たちはビアギッテがジムに通ってると思っていたし
カトリーネはビアギッテの様々な言い訳や音信不通状態に困っていました。
何か変だと思ってもカトリーネは一切教えてくれないし。

痛みや治療の影響でビアギッテは夜寝られず
睡眠時間も激減していました。
治療から帰ってきてソファで寝込んでしまったとき
テレビではヘセルボーが総選挙を発表。
カトリーネは何度も電話を掛けるけれどビアギッテは気づかず
帰宅したラウラに起こされて、ビアギッテは事態を理解します。

ようやく事務所に来たビアギッテが選挙対策を考えようとすると
その前にメンバーは準備を終えていました。
ビアギッテは経済面でラウンのアドバイスを得ようと
カトリーネに交渉を頼みます。
ラウンは選挙に関わる気はありませんでしたが
アドバイザーとしてはOKします。
そして資料を持ってきてビアギッテに説明しますが
調子の悪いビアギッテは真剣に聞いていませんでした。

トーベンは総選挙に向けての番組編成に気合を入れます。
アレックスからは視聴率でもTV2に勝つよう促されますが
TV2はアメリカ式首相vs一党の討論会を行って視聴率を稼ぐようで
TV1はあえて同じ日に野党党首たちの討論会を行うことを止めます。
さらに野党党首たちのGPS信号を常にキャッチし
いつでも党首の動きや考えを報道できるように提案。
党首たちは賛成しますが、ビアギッテだけはプライバシーに立ち入られたくないと反対します。
せっかくの国民の支持を得られるチャンスを不意にしたことにカトリーネは怒り
キャスパーに不満をぶつけます。

TV1の野党党首討論会。
視聴率を稼ぐためには斬新な企画が必要だと
トーベンはスタジオでの党首たちの並び方も変えてしまいます。
討論が始まるとユーリクはビアギッテに税制問題等を厳しく追及。
ビアギッテはラウンの説明を拒否していたために答えられず
失態を見せてしまいます。
視聴者にとってはインパクトが強かったかもしれないけれど
卑劣な方法にハネは文句を言います。

子供たちまでがっかりさせてしまったビアギッテは
ジムに通っているのではなく病院で治療を受けていることを伝えます。
そして子供たちと一緒に病院へ行きます。

長期にわたる治療には家族の支えが必要だと医師に言われていたビアギッテですが
ひとりで大丈夫だと意地を張っていたから
様々な代償を払うこととなってしまいました。
総選挙に向けての大事な時間なのに不在状態だし
ビアギッテの動向がつかめないカトリーネもすっかり困惑してしまいます。
痛みを和らげるためについ薬に頼ることになり
こうして薬物依存症になっていくんだなという危険性も。
討論会での失態でビアギッテが目覚められたのはよかったです。
党にとってはよかったかどうかわからないけど。
時期が悪すぎたけど、ビアギッテに頼らずに
党全体で乗り越えていけないかな。
ラウンも力を貸してくれるし。
(マッツ兄、こんな形で復活したんですね。)

アレックスの言いなりにならざるを得ないトーベンの立場の難しさ。
ピアは完全に腹を立ててるし。
いくらアレックスの御機嫌伺いをしていても
いい番組は作れないと思うんですけど。
というより偉そうなことばかり言ってるアレックス本人に
TV2を超える番組を作ってもらいたいんですが!
と観ていてついイライラしてしまいます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ラウンの声が爺さんすぎるのが気になります・笑
これからカトリーネとなんかありそうなんだから、もうちょっとダンデイな声優さんにしてほしかったなあ。

ビアギッテ、体調が悪ければ仕方ない、
ここで頑張ってしまうのが、仕事をする女性の悪いところですね。
フィリップにも、恋人にも打ち明けられない、頼れない。
でも、それわかる!とうなずく女性たちが沢山いると思います。

どん底まで堕ちて、でもそこから彼女がどう這い上がるかが見ものですね。
ビアギッテのことだから、絶対転んでもただでは済まさない。
楽しみです。

ビアギッテが意地でも治療のことを隠し続けていて
気持ちはわかるけれど彼女らしくないと気がかりでした。
まず子供たちに伝えられたことで一歩先に進めましたね。
でもテレビ討論会で見せてしまった失墜、
トーベンにもう少し配慮があれば・・・
いつまでアレックスの言いなりなんだろう。

ラウン復活が楽しみ。
マッツお兄さん(笑)弟とは違った魅力があり素敵です。
カトリーネと何か!にも期待しています。