INDEX    RSS    ADMIN

Prime Suspect:The Final Act #2 「希望のかけら2」

病院の駐車場で撃たれたビルは病院に運ばれたが助からず
撃ったカーティスはペニーとともに逃亡します。

カーティスたちの逃げ込んだ先は姉の家。
姉はカーティスに脅されて殴られ、ペニーは隙を見て逃げ出します。
ペニーが歩いているところをショーンが発見。
ショーンがカーティスが姉の家に潜んでいることを伝えたために
ジェーンたちが駆けつけると銃声が聞こえます。
カーティスがトイレに行くために銃を置いていったら
娘がその銃を持ち、カーティスを撃ったのでした。
母と自分を守るために取った行動なのか、
あまりにも堂々としていて驚かされました。
彼女なりに必死だったんだね。
カーティスの命には別状ありませんでした。
そしてカーティスの部屋から、
サリーのバスケットのユニフォーム等が入ったバッグが見つかります。

サリーの胎児のDNA鑑定が終わり
カーティスが父親ではないことがわかります。
姉の証言から、ショーンが家に来てサリーと言い争っていたことが判明します。
ジェーンは学校でのショーンとサリーの行動を調べさせます。

父の死とビルの死でジェーンのショックも大きく
せっかく断酒会に通っていたのに、また飲み始めてしまいます。
父の葬儀では妹親子に悪態をつき
落ち込んでいたペニーを見つけると父の逝った実家に連れて行き
ムンクの画集をペニーにプレゼントします。
さらに飲み続けたジェーンが気づくと、ペニーはもういませんでした。

ペニーを事件の目撃者として証言させるために合わせてショーンも警察に呼び
ジェーンは事情聴取を行います。
そこでショーンを細かく追求し、ショーンにDNA検査を求めると
ショーンはついにサリーとの関係を自白します。
サリーと2回関係を持ったとショーンは詳細まで話しますが
サリーを殺すわけがないと断言します。
サリー殺害の裏は取れなかったのでショーンは釈放されますが
リンダはショーンを家に入れようとせず、ペニーは叫び出します。
そりゃそうでしょ。
殺人犯ではなくても、教師が教え子で娘の友人と関係をもつなんて
どう考えても許されることではありません。

では誰が殺人を?
ペニーは登校しますが、生徒たちにさんざん罵られ悪態をついて学校を飛び出し
ジェーンの実家に侵入します。
すると姪がやってきました。

ジェーンは防犯カメラの映像チェックをしているうちに
ペニーが首にかけていたネックレスがサリーのものだと気づきます。
しかもカーティスとの逃亡後はつけていない。
ペニーはネックレスをカーティスの姉の家で処分したのではないか
捜索すると下の階の家の排水管に引っかかっていました。

姪の助けを呼ぶ声で警察が到着、錯乱するペニーは保護されます。
ペニーはジェーンと話すことを要求し
ジェーンが中絶した理由について問いただします。
そしてサリーが許せなかったと告白します。

ペニーは隠し続けていたけど
サリーと父の関係を知って腹を立てたのでしょう。
そしてなかなかのしたたか者
ジェーンが酒を勧めた件については
彼女の作り話だったのかな。

最後まで重たい事件。
しかもティーンエイジャーの少女に振り回されながら
ジェーンの警視生活は終わります。
燃え尽きちゃった感が強いから、この先が心配ですね。
断酒会にきちんと通い、新たにスタートを切ってもらいたいです。

それにしても上司ベイツさん、ずっとピリピリしてましたね・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最後まで、重い内容でしたね。。。。
どの回だったか忘れましたが、ElementaryのJonny Lee Millerも1993年のPrime Suspect 3で事件の証人として出てましたね。ティーンエージャーの役で。

最後までジェーンこんなに辛い思いをしなくても・・・と思いました。
Elementaryのホームズ、出てましたね。若くて驚きました。
Musketeersの枢機卿がお見事な女装姿だった回だと思います。
ドラマのクオリティの高さとともに、多くの俳優さんの貴重な姿を見られたのも感激でした。
素晴らしい作品でした!!