INDEX    RSS    ADMIN

The Night Shift S2-#13 「離れ離れの夜」

トファーとTCはアリの心臓に人工弁を取り付けるためにアフガニスタンへ。
アリの体調が悪く医療キャンプにいることがわかり駆けつけると
直後にタリバンが襲撃してきます。
マシンガンを渡されながら緊急処置を行い
それでも危険なため、移動を余儀なくされます。
担架で運んだあとTCはマシンガンで応戦。
覚悟を決めて来たアフガニスタンですが、トファーは家族を思い
相当弱気になっていました。
TCの励ましも逆効果。
でもTCだってジョーダンや生まれてくる子供のことが心配でたまらない。
本音を言い合い手術も終わり、二人はサンアントニオに戻ることにします。

夜玉突き衝突の連絡が入り、ドリューとポールは現場に。
ポールは燃えだした車から降りられずにいる男性を助け出そうとして
なんとかシートベルトを切ったところで車が爆発。
手を怪我してしまいます。
病院に運ばれた男性は治療のために医療大麻を使っていると
ハイな状態だったのでクリスタは男を非難しますが
その後容態が急変。
爆発の影響を受けていたこと見逃していました。
チーフレジデントになり、トファーやTCがいないなかで
ERの仕切りを任されていたドリューが厳しかった。
理にかなったことを言ってるんだけど
クリスタ、怒られてましたね。
そんなクリスタもポールを煽ったために
ポールが現場に出て救命士の仕事を真似
その結果手を負傷してしまいます。
外科医にとっては手が不自由になることは致命的。
無茶しちゃいけないんですよね。

ラゴーサは試験に受かって助手を卒業。
いよいよドクターラゴーサです。
でも最初に担当した患者は搬送された時には死亡。
死亡宣告と、家族に伝えることが最初の仕事になりました。
ラゴーサが亡くなった男性の顔を拭いている姿を見ていて
SFUのフェデリコ時代が蘇ってきましたが
あのときは死体専門だったからね。
そしてラゴーサは頭部に銃弾が入っていることを発見。
殺人事件であることを警察に連絡します。

事故現場付近では連続狙撃事件が起きている模様。
また事件の連絡が入り、救急車が向かったところ
乗っていた救命士が撃たれます。
救命士も命懸けだよね。
ケニーは撃たれたのがグウェンではないかと心配でたまらず
情報は入ってきません。
しばらくしてグウェンはパートナーの救命士を運んできましたが
腕を撃たれていただけでした。
あのたくましいグウェンも、今回は堪えていたようです。

ジョーダンは玉突き事故の被害に遭った姉弟の怪我を治療しますが
弟は目の怪我、姉は頭を撃っていてCTを取る必要がありました。
でも姉は金が払えないとか急いでいるとかあれこれ言って
治療を拒否し、出ていこうとします。
だがその途端に倒れ、CTをとることに。
姉弟は両親と死別し、姉が弟の面倒を見ていましたが
弟をおじのところに預けることになり、弟は反発しています。
CT検査の結果、姉は遺伝性の病気が進行していて
そのために弟と離れるつもりだったのですが
姉が治るためには弟の骨髄を移植する必要があり
しかし怒っている弟は受け入れません。
ここでスコットが自分の経験を語り
今でしかできないことがあると伝えます。
弟は姉を助けることに同意します。
スコットは全財産を交通事故で体の自由を奪ってしまったマリクに渡すことで
和解していました。

リックは軍の指導教官になるためにテストを受け
実地訓練さながらに体を動かし、義足が壊れてしまいます。
ドリューは自分がチーフレジデントになったことに
リックが引け目を感じていたのではと気にしますが
リックは結果よりもできたことに満足していました。
ところが結果は合格。しかも教官の教官に選ばれる快挙です。
二人は大喜びするものの、リックの勤務地がテキサスではないことを知り
新たな壁にぶつかります。
せっかく新しい家を見つけて引っ越し
幸せに暮らそうとしていたのに。

ジョーダンはスコットの決断にホッとし
スコットに何か言おうとして倒れてしまいます。
すぐにジョーダンは運ばれていきますが
TCからの電話が鳴っていました。

次回がシーズンファイナル。
ジョーダンの容態は??
心配山積みです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント