INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S3-#1 「仰せのままに」

Wentworth S3の配信がスタート!楽しみにしていました。

ブレイデン殺害の罪でビーの判決が下り、仮釈放なしの終身刑が言い渡されます。
ウェントワースに戻ってきたビーにファーガソンは
ウェントワースを仕切るのは自分だと釘を刺しますが
ビーは挑戦的な態度を示します。
新たにウェントワースに配属された心理学者のウェストフォールは
ビーのカウンセリングを行おうとしますが、ビーは助けを必要としません。
そして囚人たちに細かく指示を出していきます。

ウェントワースに戻されたリズは、ドリーンと静かに保護房にいます。
ドリーンのお腹の子は随分大きくなってきました。
フランキーはキッチンを仕切り、鶏肉の中にドラッグを隠す方法を利用しています。

刑務所内では禁煙の規則が言い渡され
ファーガソンは早速施行することにします。
次々に縛りが強くなっていく中でタバコまで取り上げられたら
囚人たちの不満が爆発するはず。
案の定ビーは囚人たちのタバコを集めて運動場に出て
作業前にみんなで最後の一服をしながら抵抗します。
ビーは独房に入れられ、またファーガソンに止めを刺されます。
ファーガソンはその間にリズを一般房に戻したため
リズはブーマーのリベンジに遭い、医務室に運ばれます。
ビーは今がチャンスだと、独房に運ばれてきた食事のトレイの裏側に
NOWと彫ってキッチンのマキシンに伝えます。

早速マキシンが行動開始。
囚人たちは所内のマットレスやリネンなどを集めて運動場に集めると火をつけます。
焚き火騒ぎにウィルたちが駆けつけますが
マキシンらは要求を出すわけでもなく、けが人も出ていません。
ファーガソンは理事長のチャニングと話している最中でしたが
騒ぎの対応を迫られます。
ファーガソンはあくまでも自力で騒ぎを収めるつもりで
応援要請も行うつもりがありません。
H棟の囚人たちが騒いでいるから他をロックダウンして
騒ぎが収まるのを待とうとしていました。
ところが建物内の様子を調べに行ったヴェラが
顔を隠した囚人たちに囲まれ脅されます。
彼女たちはヴェラを人質に取り鍵を開けさせることでした。
ファーガソンが要求に応じなければヴェラを殺すとまで脅しているのに
ファーガソンは鍵を開けようとしません。
見かねたチャニングがトランシーバーを取り上げて自ら鍵を開けるように
指示を出してしまいます。
彼女たちはヴェラを独房に連れて行くとビーを助け出し
代わりにヴェラを閉じ込めてしまいます。

囚人たちはファーガソンと直接話したいと要求を出し
ファーガソンが運動場に出て行くと、そこにはビーが来ていました。
何も処罰をしなければ囚人たちは静かに房に戻ると説明し
ビーは自分がウェントワースを仕切ると宣言します。

ついにクイーン・ビーの到来。
終身刑となれば怖いものなしなので
あとはいかにウェントワースを自分にとって快適な場所にしていくか
彼女なりに考えていくつもりのようです。
フランキーにドラッグの密売はさせたくないようで
今はフランキーも静かにしているけど、またもめるのかな。
そしてファーガソンとの戦いがどのように展開していくのか、興味津々です。
リズが戻されてしまったのは気の毒でした。とても落ち着いていたけれど。
マキシンがいい感じにパワーアップして頼もしかったです。
それから車に吹っ飛ばされていたフレッチは歩行訓練を行ってましたが
心身ともにかなりダメージを負ってるみたい。
大丈夫なのかな。

今シーズンも毎週の配信を心待ちにしています♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント