INDEX    RSS    ADMIN

Wentworth S3-#3 「むき出しの刃」

ドラッグの供給源が絶たれてしまったフランキーはピンチ状態。
アジア組の囚人たちから早く渡すようにせっつかれますが
手元にないからどうにもできません。
ルーシーやステラなどの強面組に金を渡せば都合をつけてくれそうですが
渡す金もありません。
ブーマーの隠し金を利用とすると、すっかり腹を立てているブーマーには無視され
それでも隠し金を見つけて強面組に渡すけれど足りないと言われます。
さらにキッチンで両者に挟まれて痛い目に遭いそうになりますが
そこはヴェラに救ってもらえました。
だが悪態をついたため、ヴェラは仮釈放の取り消しを願い出ます。

カウンセラーのブリジットは、カウンセリングを通してフランキーを助けていこうと考えますが
フランキーはあえて拒否します。
さらに図書室で暴れて独房送りに。
今のフランキーの状態では独房にいる方が安全だから
彼女なりの身を守る手段でした。
だがフランキーは隣の房に入れられているジョディが
看守に痛めつけられていることを察します。

フランキーはすぐに一般房に戻されました。
仮出所したキムに頼んで金を都合してもらっても足りず
結局フランキーはルーシーに体で返すことになります。
屈辱的な仕打ちを受けたフランキーはヴェラに謝り
ブリジットのカウンセリングを受けることにします。
金の件はビーが解決させていましたが
ビーが関わってきたことにフランキーは腹を立てます。

ハリーが殺害された件でウィルが事情聴取されているのは
ウィルが容疑者に挙げられているためだとビーは知ります。
自分がハリーを殺害するのは無理だとビーは話しますが
警察はビーとウィルの共謀の線も疑っているようです。
ビーは詳細をウィルに問いただそうとしますが
ウィルはビーが近づくことを拒みます。
しかしビーの件でウィルはハリーの家に行っていて
疑われる原因を作っているのも確かです。
ビーは努めて平静さを保っていますが
自分の房に帰ってきてマキシンの前で弱音を吐きます。
死んでしまえばいいとさえ思っていたハリーでしたが
死んでしまったら悲しいものです。
それはハリーが愛するデビーの父親だからです。

ソフィーが再びリズの面会に来ますが
出所してからなぜすぐに家に来なかったのかと
リズに不満をぶつけます。
リズが家の前まで行ったと弁解すると
ではどうしてずっと連絡してこなかったのかと反論。
ふてくされ声を荒げるソフィーは、酒に酔っている様子でした。
その後、リズはソフィーに電話しますが
何か困った事態が起きたようです。

両手が不自由なブーマーはシャワーにも行けず
周囲に嫌がられています。
なんとかシャワーに入ろうとしますが服が脱げず
立ち往生しているとマキシンが助けてくれました。
マキシンの優しさはウェントワースの救いですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント